BLOG

自分が何者かを思い出す〜山羊座新月トークライブセッション@釜山

2019-04-01






テーマ/アイデンティティ






民族的、宗教的、家系的アイデンティティなど、どこに自分のアイデンティティ置いているか個々に違うでしょう。その中でもアイデンティティの根幹に影響を与えている家系についてお話はスタートします。




全てはドラマだ。
全ては物語だ、と言えます。




ええ、確かにそれは自我が創作したドラマでしょう。




しかしどんな物事にもネガティブとポジティブの2つの面があります。自我の生み出したドラマに巻き込まれてそれを解消することに時間を費やしますか?




思うよりも人生は短い。




思考とは「私」そのものではありません。しかしこの思考を自分を生かすための味方につけることが出来ます。自我を味方につけてドラマを生み出し、それにより人生を熱狂させて行くこともできるのです。




思考に振り回される人生か、思考を味方につける人生か。選ぶのは自分自身です。




家系を紐解くことでその中に自分だけのモチーフがあることに気づきます。
 





モチーフとは、創作の動機になる中心的な題材です。出自を受け入れると書くと重く感じますが、自分の人生のユニークなバリューに気づいてみてください。




そこにあなたの魅力がある。




アメリカのラップシーンでは「エモリリック」がブームです。自分の心情を隠すことなく表現した感情的な歌詞。そもそもクイーンのフレディ・マーキュリーの歌詞も全て個人的な話です。




“自分語り”というと引いてしまう人もいるでしょう。しかし聞かせるだけの内容はアートとなり人を巻き込み熱狂を産む。フレディは熱狂を生みながら巻き込まれていましたが。





現在世界的にK-POPが人気ですが彼らの根底にあるのは暑苦しいほどのコリアンソウルであり人間臭さ。戦略だけじゃない。




あなたが何者であるか。




戦略で作り上げたのではない素のあなた。ありのままのあなた。そこに信頼と支持を得られたらそこに価値が生まれ、そのあなたでもって打ち出すものに当たり前に人は惹きつけられる。




映画ボヘミアンラプソディでフレディは言いました。






<I decide who I am.>




自分が何者であるかは自分で決める、と。



自分で決めるとは、それによって起こる全ての責任を自分が引き受けるということです。「私」なんてない、ということと、私とはこうであると打ち出すことの両方に開ける。



生きるってことは、何が起ころうとも楽しいものなのです。



 


玄花 Hyunhwa・Noir(ヒョンファ・ノワール)

Q.玄花 Hyunhwa Noir(ヒョンファ ・ノワール)とは?

A.その日、その時、その瞬間にその場に集まる人々と場のエネルギーを読みながらフリースタイルで玄花(ヒョンファ)がお届けするトークライブのこと。サットサング形式の時もあり。




日時:1月6日
時間:15時〜16時半
場所:西面ロッテデパート近郊
費用:10,000円
特典:17時〜懇親会参加権







Wプレミアムセッション


費用:15,000円
時間:20分
日時:
6日14時〜
7日11時〜
7日11時半〜
満員御礼



釜山までいらっしゃることに敬意を表してのスペシャル価格となっております。ご希望の場合は、40分/60分と選択出来ます。あなたの問いをお持ちください。






プレミアムセッションとは



Q.プレミアムセッションとは?
A.玄花と娘のRENAとのWセッションとなっています。玄花がホールドするJUYOの場において、必要なアクティベーションやガイダンスがもたらされます。RENAは私がこのお仕事を始めた時からのビジネスパートナーです。Wセッションは5年振りとなりとても貴重です。あなたの問いをお持ちください。

RENA & HYUNHWA



玄花のトークライブの場所が釜山というだけのことです。ツアーではありませんのでトークライブの参加費用のみご負担ください。国内移動の航空券や新幹線代よりも交通費が安い場合もあります。マイルの消費にもぜひ。



ビビッと来た方は航空券を押さえてください。
「韓国や台湾は国内移動と変わらないんだ」という感覚は、あなたの意識を拡大させる。




私たちは実際に行動する前に予測をします。それにより生み出された怖れを怖れていたりします。実際に行動したら大したことはない場合がほとんです。





「私には無理」





まずはその氣持ちを受け入れながらも、「私には無理」と決めているから「私には無理」なのだということに氣づいてください。



「行くと決めたけれど、さてどうしよう」





というように「行く」と決めている方には、私のアイデアの引き出しを開けてお応えています。航空券の手配情報や現地でのホテルの取り方のレクチャーなど。



「お金がないから行きたくても行けない」







という事前相談は受け付けておりません。「行きたいのだけれどお金がない」という心情のアウトプットも受け付けておりません。






釜山へのトークライブの参加をきっかけに、あなたの世界を広げて欲しいと思っています。私は多くの国を旅しながら、いつのまにか「こんなの無理」と思っていたことがたやすくなっている自分に気づいています。





旅とは何か?



あなたの内的感覚が全てです。横浜から東京に行くことがまるで遠足や旅のように感じるのであれば、あなたにとってそれは旅です。




だから「たまには旅でもすれば?」と言われていきなり


「遠くに行かなきゃ。海外に行かなきゃ」
「でも、出来ないっ!」


とハードルを上げずに、自分にとって旅に感じられる範囲をゆっくりと広げていってください。




最近の航空機にはAirBusというものがあります。先日はイスタンブールからブルガリアに行く途中でルーマニアを経由しました。まるでバスの停留所に停まるように飛行機で移動します。



荷物を忘れていないか?
間違って降りていないか?
ルーマニアから乗ってくる人は全員乗ったか?



まるで小学校の遠足の先生のように、客室乗務員はテキパキと一人一人の荷物を指し示して確認していきます。



私は間違えて降りそうになったりしましたが、この経験から「飛行機は空飛ぶ猫バスと一緒」とインストールされたので世界がまた身近に感じられます。




あちこちの国へ旅をし、その話を私の視座でシェアしています。玄花のリアルな話を聴く人たちは驚くほど知覚が広がっていきます。



今までは「そんなの無理」と思っていたことが無理じゃなく感じ始める。海外もうんと近くに感じ始める。知覚が広がっただけに(あはは)





また、占星術のホロスコープを読み解くことも旅です。SNSを楽しむことも旅です。娘たち10代世代の、SNSを通して国境を超えた交流の展開にインスパイアされています。




生まれた時から身近にスマホがあるデジタルネイティブたちのSNSの活用の仕方にしなやかな強さを感じます。情報処理能力に驚きます。私の見えている世界において、ね。




そう、世界に対する知覚の仕方が私とあなたでは違うかもしれない。その違いはこれからどんどん顕著になっていく。



どう?
今日も世界はあなたにやさしい?




どちらが正しいかではなく、全部、正解。

あなたは何がアタリマエの世界を生きていく?






国境なんて簡単に超えられる世界を生きようじゃないか。本当は分離なんてないんだから。




A whole new world
A new fantastic point of view




あなたの視点が増える話を今日もしよう。知覚を広げる知覚外生命体として。


釜山でお待ちしています。


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。

Archive