BLOG

陰と陽のエクスタシー

2019-05-04




自分本来の存在としての「本質」、
生まれてから構築してきた「私」という自我
さらに本質と自我が統合された「わたし」




その三位一体で人生という波乗りを楽しむ。





本質意識に目覚め、今世何をするために生まれたのか?を見出すことにという自我を味方につけ、肉体を通してわたしを世界に表現し体現する。





「私」が生きている限り、自我は一生無くなることはない。





自我を手放すのではなく、受容する。受容することで本質と自我がタッグを組み、新しい「わたし」が生まれる。





受容とは何なのか?
ということは玄花Works-JUYOでお伝えしている。





自己犠牲的な受け身の受容ではない。起こる現実に抗うことなく全てをJUYOする。自分が持って生まれたものをすべてJUYOする。






本質とは、
とは、
わたしとは、
玄花はどういった意味でこれらの言葉を使っているのか。




本日お届けする下記の遠隔エナジーワークの場でわかりやすくお伝えします。






「私」という意識がある限り、誰の中にも陰陽の二元がある。





確かに陰はネガティブで陽はポジティブと言うことができる。





しかし陰(ネガティブ)=悪い、ということではない。それは生まれてから後天的に身につけた常識による判断だ。





自我である「私」が思う陰(ネガティブ)を無くすことに取り組んでいるうちに、人生なんてあっという間に過ぎ去っていく。肉体の終わりが来る。





陰も陽も、ただそうであるというに過ぎない。





陰も陽も抱きしめて、自分の行きたいところへ飛び込むだけ。





目の前に広がるあの未知へ…



通称シャーマンズ・ケイブ@Sedonaにて
存在としての何も身につけていない本質と、
オギャアと生まれてから身につけた常識や信念で覆われた私
その全てでわたしである、というアート






行きたい場所、やりたいこと
目の前に広がる初めての、未知の世界に飛び込むのは怖い。本当に怖い。





それでもそこに飛び込むことなく人生が終わるなんてまっぴらだ。





内なる声の命じるままに行動する。怖い思いと共に。




誰かの理解を得るためではなく、わたしがわたしであるために。




遠隔エナジーワーク参加の方へのお申し込み受付メールにこう書いた。






ああ、私はこのカラダも家系もこの状況も、すべてを選んで生まれてきたんだ。
私が私であるために。





それを思い出す、今回の遠隔エナジーワークです。あなたの本質は言っている。





「わたし」が「私」を一生守り抜く。





何があっても。







遠隔の場でお会いできる方はお会いしましょう。





※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。

Archive