BLOG

自己犠牲の一切ない献身に私を捧げる①

2019-05-21







もうすでにそれはなされていますが、強いて確認するならば、自分を大いなるものに捧げ尽くしますか?






この問いを受け取ったのは、1月中旬の開催の、山羊座新月トークライブ&プレミアムセッション@釜山から帰国した頃のこと。






5月18日〜19日の京都ツアーを終えました。たった2日間ですが、今回の京都ツアーは4部構成で成り立っています。





18日11時から、占星術師であるルシエルと共同開催の「鞍馬寺ウエサク満月アクティベーションツアー」が様々な方々のご協力の元に開催されました。





まずは北野天満宮への参拝。
文子天満宮からスタートし、境内を歩く。あちこちに牛の像。





菅原道眞が丑年生まれであったこと。そして大宰府で生涯を閉じられた際に遺骸を運ぶ途中で車を引く牛が座り込んで動かなくなり、やむなく付近の安楽寺に埋葬したという故事に由来しています。





この日は蠍座満月ウエサク祭。釈迦が悟り、入滅した日が蠍座満月と言われ、世界各地でウエサク祭が開催されています。




また、1年に一度ウエサク満月の日にだけシヴァの住むカイラス山のエネルギーを使うことができると言われています。シヴァの乗り物は乳白色の牡牛。




北野天満宮で牛の像を見ながら、今宵触れるであろうシヴァのエネルギーを感じていました。京都のど真ん中で、シヴァ。これはこの夜の遠隔エナジーワークに繋がります。





北野天満宮で実際にエネルギーを強く感じたのは本殿ではなく摂社・末社である奇御靈神社。そして一夜松の伝説。




菅原道眞は死んだのち、神霊となって北野天満宮の地に降臨し、一夜にして千本の松を生じさせたという伝説があります。「一瞬の変容はありえる。一瞬の変容にオープンであるように。限界はないのだ」というガイダンス。







私自身、現在のお仕事をスタートしたのは一瞬の決断でした。「明日からここに座ってください」「はい」





お仕事をスタートするための準備も支度も何もなく、スピリチュアルや自己啓発のセミナーに参加したこともありませんでした。ただ、目の前に差し出された流れに乗った。強いて言えば、今までの人生経験の全てがこのための準備です。





一瞬の変容はあるのだ。








人は安定や安心を求めています。変化することは怖い。




しかし玄花に惹かれる方は、一瞬の変容にオープンであると思うんです。表面的には変化を怖れていたとしてもあなたの本質は変化すること(進化・成長すること)を求めている。玄花のところへいらしていることがその証拠です。




今回の蠍座満月からさらに、変容が加速するスイッチが起動しました。選択するはあなた次第。このスピード感をご一緒に楽しみませんか?玄花時間は相当に早いです。だって人生は思うよりも短いんですもの。




ランチを経て、鞍馬山へ入ります。




鞍馬山にて、愛と光と力の像



捧げ合い・扶け合い







捧げる。自己犠牲の一切ない、献身。





そんなことができる領域があるのだよ、と初めてお伝えしたのが、2015年の玄花Classのプロローグの時でした。目の前のやることをやるのみ。








鞍馬山は薄曇り。
月は一切見えない。
時折雨が降る。




一昨年にも玄花ツアーとして鞍馬寺のウエサク満月祭に参加しています。その時も小雨。しかし終了後には綺麗な月が顔を出すというお約束。




この日もそう。







「やろう」と閃いたことをやることは、最大の自己尊重です。




自己尊重とは、自分が自分を価値あるもの、尊いものとして大切に扱うこと。“自分の本当の氣持ち”に誠実であること。




誰かに大切に扱われたいならば、まずは自分が自分を尊重すること。それはここに書いているようにとてもシンプルなこと。




「やろう」と閃いたことをやらないのは自己卑下に繋がる。それを続けている人は周りからダメ出しをされやすい現実を創る。なぜならば、自分が自分にダメ出しをし続けているのだから。




ついつい「こうした方がいいからこれをやろう」としがちですが、自分の本当の氣持ちから湧き出てくる「やりたい」を体現したい方は、玄花の場でお会いしましょう。それは決して清水の舞台から飛び降りるようなことではありません。







鞍馬山を下山し、鞍馬寺ウエサク満月祭アクティベーションツアーは終了です。




ここから玄花単独の場としての、蠍座満月ウエサク祭のトーク&グループセッションがスタートです。




鞍馬寺でのウエサク満月祭とアクティベーションツアーのエネルギーの定着を促し、目覚めが加速し知覚が拡大するための時間。




別荘タイプの一軒家を借りました。先着3名ということで募集をし、すぐに満席。もちろんアクティベーションツアーとは別料金です。まるで数時間のプチ合宿。




イギリス人オーナーのこのお宅は居心地がすこぶる良く、リピート必須。




人間関係においての大事なことを、私の現在の経験を踏まえてお伝えしました。濃密な時間。実際に参加者の目が大きくなる(目覚め?笑)




そして深夜0時からは蠍座満月の遠隔エナジーワーク。日本各地からの参加者ヘお届けです。




玄花の遠隔エナジーワークは基本の料金があり、それ以上であればいくらお支払いいただいてもいいスタイル。今回は9,999円〜




今回の遠隔参加者の中には、アクティベーションツアーと同等の金額をお支払いくださった方もいらっしゃいます。信頼をありがとう。数字は問題ではありません。常にご自身の本当に誠実であればそれでいい。




遠隔参加のみなさまの受け取る氣持ちに応えることに、私を捧げます。







遠隔エナジーワーク後も、京都で語る。グループセッション級のお話を、寝るまで語り続ける玄花節。




数時間の睡眠の後、翌朝からは玄花ツアー@糺の森(上賀茂神社/下鴨神社)の開催です。息を吸って吐くように、生きることそのものが仕事である。




この後の玄花ツアーで触れた爆発的な喜びのエネルギーについては、次のブログへ続きます。






※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。

Archive