BLOG

私がインスピレーションとなる

2019-07-20






ここ最近、実写版の映画化が盛んです。リトルマーメイドやライオンキング、そしてCat’s…





まるで通常ではありえないその世界が、実はありえるのだよと教えてくれているようです。想像できるものは全て現実にあるんだよ、と。





アリエル、だけに。






ライオンキングではナラの声を担当するビヨンセの姿に内なる誇りが呼び覚まされ、









Cat’sの予告編ではジェニファー・ハドソンの声に魂が揺さぶられる(01分24秒辺りからのMemoryは必聴)





全身全靈で、Touch me!(私に触れて!)と歌い上げる。 私に触れて。それで全てわかるから、だから私に触れて、と。










人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫、それがジェリクルキャッツ。



そして今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。



夜を徹して歌い踊る猫たち。



やがて夜明けが近づき、ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって、天上に上り、新しい人生を生きることを許されるただ一匹の猫の名前が、宣言されます。




その猫とは‥。





出典:劇団四季 Cat’sより









いつだって今ここから、私は私の本当を生きるのだ。






人間に飼い慣らされることをよしとせず、したたかにもたくましく自ら考え、決断し、行動する猫は「私の人生」を謳歌する。





その存在で、そのあり方で、周りを啓蒙する。





ただ私に触れて。
そうすればあなたが求めている幸せとは何かがきっとわかるから。安心とは何かがわかるから。





自分で決断せず、他人にアドバイスをもらい行動することはとても楽な生き方です。迷うこともなく、言われるがままに動けばいい。





楽に、負担がなく生きるためにそれを選択するのもあなたの自由です。しかし私はそれを楽だとも、楽しいとも思わない。





啓蒙とは、物事をあえて自分で考えて答え出し行動すること。それにより起こる全てに責任を持つことを示すこと。それはとても楽しいことだよ、と。それは生きる醍醐味なのだよ、と。








私に触れて!
光にあふれていた日々の
思い出しか持たない
私から離れていくのは簡単なこと
もし私に触れてくれたら幸せとは何かきっとわかる
見て、新しい日が始まった





Memoryの歌詞より







あなたと関わることで人々がインスピレーションを受け取る。




あなたと関わることで人々が触発される。




あなたと関わることで人々が活性化する。




あなたと関わることで人々が啓蒙される。




あなたに会うだけで、氣づくことに氣づき、起こることが起こる。







そんな風に人生を謳歌することができるのだと、そんなあなたになれるのだと、実践的にお伝えしています。





一人一人が誰と比べることなく、自分の生きる力を存分に引き出しながら創造性に目覚め、私が私であることに誇りを持てる。そんな場をお届けしています。






現在お届けしている玄花の場はこちらのプログラムです。






①7月27日・28日・29日の玄花Works


1日ずつの参加あり
三連続参加の方には割引あり








②コズミックジャーニー@ヨーロッパ

お好きなところから参加できるツアーです。






③壱岐島ツアー


韓国の済州島にルーツを持つ私は「島」という独自の文化と風習を持つ場についての理解が深く、そこで行われるワークはあなたの変容を促す。







私は講座もツアーもイベントも全て「旅」だと思っています。「旅」とは、あなたが当たり前のいつもの場所と思っている空間から別の場所へ行くことです。





玄花がお届けする何を通してでも、あなたがあなたの本当と出会う「旅」なのです。






私はCat’sの猫よろしく、高らかに宣言する。「私に触れて」と。「私の場に触れにおいで」と。





それはきっと、あなたの声。









4月の遠隔エナジーワークでライオンキングのセリフを引用しています。参考までに。






今こそ、命の輪の中で、お前の役目を果たせ!







あなたの全てを開花しませんか?




お会いできますことを楽しみにしています。









※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。

Archive