メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

第十弾大人の遠足@日光東照宮

2014.03.21

2014年3月16日満月の日曜日。

 

 

朝8時10分浅草発。という事で、7時15分に浅草に着きました。気持ち良い朝日の中、スカイツリーの後方からの朝日が眩しい。この日の遠足の無事と盛況を祝って、まずは浅草寺にお参り。

 

 

 

 

 

 

 

 

弁天堂にも立ち寄りました。

浅草の弁天さんは老婆です。

 

 

 

 

 

 

さらにこちらの母子像の前で胸がいっぱいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

我が家の子どもの成長と共に「おかあさんとしての私」は終わりではなく、私の人生のキーワードに「おかあさん」や「母」は間違いなくあります。ただ、それらの言葉に対する解釈や意味づけは、私とあなたでは違うかもしれません。

 

 

 

と言うことで、浅草寺を後に、スカイツリーラインで東武日光まで。東武日光駅で現地合流3人が加わって、総勢8名で目指すは日光東照宮。駅からしばらく歩くと「日光一筆龍」の文字と、飾ってある龍の絵に目が釘付けになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家は地デジ化と共に脱テレビなので全くテレビ番組を見ません。子どもたちはたまにスマホで見たいものを見てるかも。映画やYouTubeは見たりしますがテレビ番組を見ないので一筆龍と言うのがあるのを初めて知りました。

 

 

 

こちらのお店はテレビに出た事はなく、ネット販売などもされていません。が、ここのお店の龍に心を鷲掴みにされました。三代目 龍正さんの書く登り龍。目の前で書かれたものを1枚買い上げました。

 

 

 

昭和29年、初代の龍正さんのお父さま龍祥さんが日光東照宮の表参道で始めたのが一筆龍の始まりなんです。

 

 

 

 

まだ雪深い。輪王寺と東照宮、そして二荒山神社へ。

 

 

 

 

 

 

 

家光の墓所では、「大奥大好き」の参加者が興奮のるつぼ。春日局になると誓ってました。さらに陽明門がすっぽり入る鳥居の前のパワースポットのポイントでのエナジーワーク。実際にハートに手を当ててパワフルにお届け。それぞれの方にとって最高に宇宙と共振するためのワークです。

 

 

 

帰りは駅前にてインド料理に盛り上がる。日光の名物は湯葉ですけどナンを食べる。

 

 

 

 

 

 

 

実はカレーが苦手な、いやはっきり言ってカレーが嫌いという参加者がいたのですがこのお店でカレーを克服。いやむしろ、美味しいと感動してる。

 

 

 

なんと帰りにまた浅草にてインド料理屋でカレーを食べて帰ったそうです。さらに翌日仕事を終えて家に帰ると、晩御飯はお家の方の作ってくれたカレーだったそうです。

 

 

 

はははははははは。

もうインドに行って下さい♡

 

 

 

とにもかくにも超超楽しい大人の遠足。いらして下さったみなさま、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

帰りの車中は地酒のかほり。うぃ~。

 

 

{032C3A75-719C-4BA7-A11B-1012651EB886:01}

 

 

 

次回の大人の遠足をお楽しみに!

 

 

 

 

<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。