BLOG

Our Nation:LINE②

2020-04-10




2020年4月8日配信
玄花OFFICIAL LINE@の配信🐎



昨晩はスーパームーンでしたね




私はこのお仕事を始めるまでスーパームーンという言葉を知りませんでした




十五夜以外で満月や新月を意識することすらなかったんですもの




このお仕事をすると決めて二週間後に初セッションを提供したのが2011年1月10日のこと




その二ヶ月後に東北大震災があり
震災の9日後の満月がスーパームーンでした






その日は明らかに体感が違うことに驚き、デジカメを片手に夕空を撮り続けました




2011年の春分前後のこと
ある、大きな節目




震災後の満月が大きな転換点となった方は多い
あなた自身は気づいていないとしても




当時リアルタイムであった出来事を記したブログです



あのスーパームーンの日に友人の息子が2tトラックにはねられてからの日々をまとめたものです





「あの日から」
前編/中編/後編




スーパームーン
月がもっとも地球に近づく日




今回の満月は月の遠地点であるリリスの働きが大きい




それが社会にはどんな影響で
あなた自身にはどんな影響なのか




それは今晩の天秤座遠隔エナジーワーク参加の方への動画レターでお話します




遠隔の告知に書きましたように、



ここのところずっと陰と陽の極に振り切れるようなことが起こり私たちは揺さぶられています




グローバルだなんだと拓かれたと思ったら今度はナショナリズムへ転じる




それは決して悪いことではないんです




なぜならやはり足元のことを見つめ直すことは必要だから




地球がひとつの国家として機能するにはまず、一つ一つの国が国家として機能する必要がある




自分が暮らす国を我が家だと思えていますか?




国家を構成する要素に国籍は関係ありません




いつも書いているように一番足元のことと一番外側のことは同時に動かす必要がありますが、どうしてもどちらかに振れてしまう




人類の活動や経済が止まるほどに環境破壊は止まり、自然は息を吹き返す




しかしその後は?




失われた経済をものすごいスピードで取り返そうと、今以上の環境破壊が起こる可能性もある




宇宙は粛々と拡大と収縮を繰り返しているだけですから




陰極まって陽になるを繰り返す

そんな中で私たちが意識を向けるものは何か?





人々が「団結しよう」と思っているのは確かです




アメリカの学校の今朝のzoomミーティングで先生が子どもに向けてこうおっしゃったそうです




「今私達が面しているのはただの選挙・自宅待機ではなくCivil Movementの一つなのです」




Civil Movementとは市民運動のこと




この言葉が身近に感じられる?
ほら、聞こえて来ない?




たたかう者の歌が聞こえるさ、と






一人一人の力は小さいけれど、しかしまずは一人ででも動かなければ始まらない




人が集まって何かを話し合い、
それだけで何かした気になるのは好きではない




人はこの罠にすぐにハマる





今日の遠隔はここ最近集中してお届けしている祓いと保護のエナジーワークだ




上記に共有した「あの日から」のブログにも通じるもの




遠隔の動画レターではあなたの魂が奮い立つソウルメッセージをお届けする




私の活動や、ここらでコロナについても語ろうと思う




意味づけではなく起きている出来事を俯瞰して見ると見えてくるものがある




他にサプライズ予定あり




ちゃお!






※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。

Archive