Archive

②外を指し示すアートの本質

2019-06-23



2月20日乙女座満月によせて


〜起こすのではない、起こるのだ
アートの本質
独りあることの豊かさについて〜





①外へ羽ばたくための居場所





世界がきれいに見えなくてもいい、一人ぼっちでいい、幸せにならなくていい、という自分への許可は、幸せになっていいという許可よりも、ずっとやさしく強力な許しです。






何かをしようと思って一歩が踏み出せない時や、何かをしようと思ってためらいが先に来てしまう人は、「それをしよう」と力むほどに、それは出来なくなる。






「それをすることを自分自身に許可しよう」と、そう思ってみてください。






バシャールの言葉を借りると、豊かさという表現の時によく使われる「abundance」 とは、「やる必要のあることを、やる必要のあるときにできる能力」です。






abundanceという言葉はラテン語からきていて、『溢れ出てくる』という意味を持っています。『湧き出てくる』という意味です。






ワクワクすることが内側から湧き出ている時、それを止めるのはあなたの自我である思考以外にありません。






「それがいちばんワクワクすることだとわかってはいるのですが、でも、それを行動することができないんです」、という言葉を耳にします。






ワクワクすると「わかっている」「知っている」のなら、そのことは、必ず「実行」「行動」を伴います。






「わかっている」「知っている」けれど「行動できない」のならば、実はそれを「わかってはいない」「知らない」ということです。



more

①外へ羽ばたくための居場所

2019-06-23



2019年2月乙女座満月によせて

〜完全であるひとりの世界〜






私は現在、玄花幼稚園というコミュニティを主宰しています。





そこは内向きの社会ではなく、幼稚園があるからこそ外に飛び出していけると思える場を意図しています。





誰かの居場所にするつもりは全くありませんし、安心、安全、便利、快適を提供しようとも思っていないんです。





みんなの居場所作りを考えている人はとても多い。「居場所を作る」と。





かつての自分が大変な状況の時に、一人ぼっちで大変だったし寂しかったし助けになる誰かが欲しかったから、だからそんな寂しい思いをしている人の居場所になる場所を作るのだ、と。





それはとても素晴らしい志です。





私は常に、たったひとつの正解や真実はないんだよ。物事には必ず陰陽の二面があるんだよ、ということをお伝えしています。陰陽の原理です。





安心の居場所づくりはそれを担ってくださる方におまかせするとして、私はそもそも「一人ぼっちは寂しくて辛いだけなのか?」と自分に問いかけます。





誰も助けてくれない状況ははたして問題であり、苦しいことだけなのだろうか?と。





卵が先か?鶏が先か?のように、居場所を求めている人がいるから居場所を作るのか、居場所を作るから居場所が必要な人が増えていくのか。





more
category