PROFILE

本当の自分を生きること。
それがこの世界への貢献の一歩です。

玄花 ヒョンファ とは...

次世代に繋ぐ架け橋として、意識改革と人材育成に関わる。経営者であったふた回り以上年上の夫との間に3人の子どもをもうける。子どもたちが5歳、7歳、9歳の時に....

MORE

MENU

あなたが本当のあなたと出会い続ける
進化/成長/学びの場

玄花Works

我を超える。

人間としてのポテンシャルを全開にし社会へと還元する。

​​玄花Worksとは、おぎゃあと生まれてから身につけた信念や条件付けを超えて本当の私に出会い続ける進化/成長/学びの場です。

MORE

Cosmic Journy

玄花と地球を遊ぶ旅

玄花の旅は聖地巡礼やパワースポットに行くという目的だけで場所を選んでいるわけではありません。
​今では...

MORE

個人Session

準備中

MORE

BLOG

龍(蛇)の本質を紐解く


2019年10月21日13時12分
玄花OFFICIAL LINE@の配信🥀(加筆)






毎度トークライブの告知の最後にこう書かれています。



「玄花を通して表現される存在との会話を楽しんでください」






今回のトークライブははまず、「シャーマンとは何か?」というお話から始めましょうか。






この形式のトークライブは2回目で、毎月の上弦の月と下弦の月にお届けします。




“この形式”とは何か?




前半1時間が玄花のお話
後半1時間が質疑応答
質問される方はお申し込みのときに「質問希望」と書き任意により選ばれます。



more

Maison de 玄花で一点物のあなたへと目覚める


ようこそ我がメゾンへ


 
 

玄花のサロンの名称を「メゾン・ド・玄花」と言います。





プレタポルテ(高級既製服)ではなくオートクチュール(テイラーメイドの一点物)を取り扱っています。




メゾンとは、ファッション業界では会社、または店という意味で使われています。 特にオートクチュールの店のことをメゾン・ド・クチュール(maison de couture)といいます。(Wikiはこちら





オートクチュールとは?
フランス語で haute(オート) は「高い」「高級」を意味する形容詞 “haut ”の女性形。“couture (クチュール)”は「縫製」「仕立て服」のことで、オートクチュールとは注文により縫製されるテイラーメイドの一点物の高級仕立服のこと。(Wikiはこちら






オートクチュールの対極はプレタポルテといい、高級既製品のことです。






オートクチュールは、限られた個人客からの注文を受け、一点一点手作業で製作した服を顧客に渡すという流れとなりますが、プレタポルテは、基本的には卸売業者から大量受注して生産する流れとなります。





玄花の場に足を運んでいただいた方には、もうすでに出来上がったやり方や方法論に該当するプレタポルテ(高級既製品)を身につけていただくのではなく、あなただけのオリジナルを構築するためのオートクチュールをご提供しています。





オートクチュール:あなただけのオリジナル/あり方
プレタポルテ:既存のやり方や方法論







more

私がインスピレーションとなる






ここ最近、実写版の映画化が盛んです。リトルマーメイドやライオンキング、そしてCat’s…





まるで通常ではありえないその世界が、実はありえるのだよと教えてくれているようです。想像できるものは全て現実にあるんだよ、と。





アリエル、だけに。






ライオンキングではナラの声を担当するビヨンセの姿に内なる誇りが呼び覚まされ、









Cat’sの予告編ではジェニファー・ハドソンの声に魂が揺さぶられる(01分24秒辺りからのMemoryは必聴)





全身全靈で、Touch me!(私に触れて!)と歌い上げる。 私に触れて。それで全てわかるから、だから私に触れて、と。




more

玄花Works-EXCEED




あなたの天才性を発揮する


〜自我のロックを外してROCKに生きる〜





ROCKとは何か?




自分の直感を信じ、「私が最初のロールモデルになる」ことを怖れず行動して行く。





こう生きてもいいだ。





多くの人の思う当たり前の外を指し示し、それを実際に体現して行くあり方です。






あなたの世界を拡大するビジネスコンサルテーションにして慈愛の講座。全てを包括する視点を手に入れます。





それは経営者の視座。
それはリーダーの視座。
それは、たとえ主婦であろうとあなたの立つその場所で突き抜ける人のあり方。





もっと成長したい。
もっと進化したい。
もっと自分を超えたい。
もっと知りたい。
もっと学びたい。
というのは素晴らし心持ちですが、「それは何のため?」





この動機と目的を答えられない人は、迷いのスパイラルにはまってしまっています。





EXCEEDでは毎回、それを丁寧に取り出すための問いを問いかけています。





自分の本当を取り出します。
そのための引き金となるのが、あなたの魂に響く問いの数々です。





何のためにそうありたいのか?
といことがが取り出せたらそこからは、「自分は(それを実現するために)どう生きるのか?」「何を経験したいのか?」「何を感じていたいのか?」ということが導き出され、それを実現することに向かっての選択が始まります。





そう、
あなたの本当の人生が動き出す。
あなたの本当の意思を持ち行動する。





EXCEEDの場でお会いしましょう。







more

純粋な氣づき〜7月3日蟹座新月-日食-遠隔エナジーワーク



ホールネスであること①
〜自我(エゴ)の取説の再チェック〜





対話の中で、「私は〇〇に対して大きな氣づきがありました」、と聞くことがあります。




それに対して、「いいえそれは氣づきではなく、自我の生み出した新しい解釈と認識です。自我の生み出した新しいドラマです」とお伝えする時があります。




純粋な氣づきとドラマの違いとは何か?
今回の遠隔のテーマです。





生まれ立ての赤ん坊の頃。まだ、主体(自分)と客体(自分以外)という認識を持っていません。全てはひとつという感覚。それは私たちみなが持っている本質。




そこから私たちは認識を通して自我(エゴ)を発達させて来ました。




自我の生み出したものを観念と言います。




それはこの世界で生きる醍醐味。分離意識というエンターテイメント。




この世界は自我による解釈と錯覚の世界です。自我を本当の「わたし」と思うところから錯覚の世界がスタートします。




錯覚した「わたし」が様々なものを認識し解釈をし始めます。そう、ドラマの誕生です。




私たちはこれを連綿と繰り返しています。今この瞬間にも。




実のところドラマを生み出せることは素晴らしいことなのです。




しかし多くの人は自我の解釈と認識によるドラマを生み出し、そこからさらに新しいドラマ(問題と認識するもの)を生み出します。


more