メルマガ登録はこちら


 

NEWS

5月12日牡牛座新月遠隔エナジーワーク

2021.05.12

 

与えられるのを待つのではなく、自らの行動により能動的に取りに行く。

 

 

そのような行動を起こせる人は、自分の引力(陰力)を発揮し受動的に物事が引き寄せられることを知っている。

 

 

 

Bodhi Sattova

 

 

 

「受容」の本質を伝える講座を2012年からお届けしている。私自身の受容体験は2010年のことになる。

 

 

受容の本質を言葉で伝えることには限界がある。受容はあくまでもそれを伝える者がその時に至ってる場所からしか伝えられず、それは主にエネルギートランスミッションによる。

 

 

エネルギートランスミッションといっても何か特殊で特別なものではなく、その領域に至っている人と共に過ごすことでそれはなされる。教えについて言葉での説明があったとしても、その多くは見えないレベルでの伝達だ。さらにその伝達が行われた後に、それが体験を通した理解となる状態を私は受容体験と書いた。今ここで思いつくままに。

 

 

私の受容に対する興味は深まり続けている。そして私がその時々で至っている場所から講義をお届けしている。ここに書いたように言葉以上のものを伝えたいから講座という場を設けている。

 

 

 

昨日もどこかのSNSで見かけた。

怒りを持っていても何の解決にもならない。相手を許すことです。起きた状況を受け入れることです、と。果たしてそれは受け入れることの本質なのだろうか。

 

 

スピリチュアルが産業となる中で、許す、受け入れる、という言葉から本質が抜け落ちていく。そして怒りは悪である、と感情に蓋をする。

 

 

実際のところ、相手を許し受け入れる、状況を許し受け入れるという境地に至るまでにはプロセスがあり、まずは自分の本当に向き合うことが必要となる。自分の本当を許すことなく誰を許せるというのだろうか。

 

 

そしてまた、相手や状況を受け入れることが目的になってしまったら本質からズレてしまう。私は受容をそのようには理解していない。

 

 

海外の人に説明する時の言葉としてJUYOと表記し始めた。ACCEPTではなくJUYO、受容は受容なのだ。受容がなされた時に起こることが起こる。しかしそれを起こすことが目的ではない。

 

 

 

数ヶ月前に夫の13回忌で訪れた高野山で「菩薩行」という言葉が浮かんだ。まさに受容を体現している者であり、受容だけでは収まりきらない大きな存在だ。その言葉を眺める。

 

 

その後、5月2日にJUYOという講座タイトルがNEOに変わった最新の玄花Worksをお届けした。NEOとは、伝統的な教えが当時のままに今に蘇るという意味で使っている。受容だけではなく慈悲やその他のエッセンスも含まれるために名称を変更した。もちろん伝達されるエネルギーも変わった。

 

 

伝統的な教え。それを体現する者。菩薩。Bodhi Sattova.今ここで菩薩の在る姿から学びを深めてみようか。それはこれから木星が魚座に入るこの時に最も必要な叡智。

 

 

悟りに至る菩薩の十段階の道がある。菩薩でさえそれだけのプロセスを得るというのに私たちが今ここで数回セミナーに参加したから、数年教えを探求したから、それだけで何をわかったというのだろう。もちろんこう書いているその奥にある、“一瞬の変容”も受け入れている。

 

 

 

 

常々、全ては日常にあると伝えている。日常的な状況に目覚めるとは何だろうか。そこには一切の自己犠牲のない貢献と献身の秘密がある。

 

 

第六のポイントは<正しい努力(正精進)>だ。サンスクリット語のサムヤックヴィヤーヤーマーは、エネルギー、忍耐、尽力を意味する。それは菩薩のエネルギーの原理に相当する。ただがむしゃらに突っ込んでいくことも、またあくせく働き続けることもない。

日常的な状況に目覚め、心を開くことができれば自分も状況も創造的で美しく、また愉快で喜びに満ちたものになってくる。この自然な解放こそ正しい努力であり、古ぼけたどんな努力とも相反するものである。

正しい努力とは、、(以下続く)

 

 

 

 

以下の文章は、「忍耐」という言葉を「受容」に置き換えてみたらわかるだろう。衝動的でも軽薄でもない怒りの発露とは何か。

 

 

忍耐とは、誰かが暇つぶしにあなたを拷問するのを受け入れ、その苦しみに耐えると言う意味ではない。菩薩なら拷問する人を叩きのめし、自分を防衛する。それが常識的な健全さだ。

実際菩薩の一撃は、衝動的でも軽薄でもないために、いっそう手強いものになる。

 

 

青字は輪廻転生したラマ僧であるチョギャム・トゥルンパ氏の著書より

 

 

 

特別な体験や経験に憧れることなく日常を生きる。なぜなら全ては足元にあるから。

 

 

私が日頃お伝えしているところに興味がある方はいらしてください。JUYOに初めて触れる方だけでなく、JUYOをさらに深めたい方にもお勧めします。なぜなら、講座でお伝えしていること以外をお渡しするからです。

 

 

5月14日から木星が魚座に滞在している7月までの2ヶ月はこのテーマでお届けする予定です。

 

 

自分を紐解く。

自分に向き合う。

全ては日常にある。

全ては足元にある。

 

 

それが最初の一歩であることをより自分のものとすることで人生がより輝きだす(しかし人生を輝かせることが目的ではありません)

 

 

 

 

 

 

遠隔エナジーワーク概要

 

 

・日時

5月12日22時から13日22時までの24時間

 

 

・費用

参加①:4,400円〜

┝費用に含まれるもの:新月のメッセージと遠隔の受け取り方/遠隔エナジーワーク(質の良い睡眠や今回の書かれていることの気づきが促されるなどが含まれています)

 

 

参加②11,000円〜

┝費用に含まれるもの:上記① + 講義動画(20分×2本または40分×1本)

 

 

5月12日 牡牛座新月

5月26日 射手座満月

6月10日 双子座新月

6月25日 山羊座満月

は、今回のテーマでお届け予定です(予定は未定です)

 

 

 

 

 

・お支払い方法

⑴ PayPalによるクレジットカード決済(決済手数料として5%をご負担ください)

⑵ PayPayによる送金(手数料はかかりません)

⑶ 三菱UFJ銀行へのお振込み(振込み手数料をご負担ください)

 

 

 

 

 

お申し込み方法

 

 

⑴玄花OFFICIALの公式LINEトークより「遠隔参加①」または「遠隔参加②」と書いて送信してください。「遠隔参加①」または「遠隔参加②」以外の文字を書くと返信が届きません。その場合は再度送信してください。

 

 

⑵このオフィシャルサイトのお問い合わせから「遠隔参加①」または「遠隔参加②」に参加する旨を記載し送信ください。

 

 

 

・お問い合わせからお申し込みされる方は下記からお手続きください。

 

・玄花公式LINEに登録される方はLINEアプリでID<@hyunhwa>を検索しお申し込みください。

 

 

公式LINEのトークからお手続きでお申し込み返信が届かない方は、公式LINEのトークまたはお問い合わせよりご連絡ください。

 

 

Contact

 

 

 

 

※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。