メルマガ登録はこちら


 

NEWS

8月21日魚座満月遠隔エナジーワーク〜秋分の日スペシャル版

2021.09.21

 

 

8月21日は魚座満月と中秋の名月、そして太陽太陰暦においての8月15日のお盆が重なります。このような現象は8年振りのこととなります。さらに今回はさらに秋彼岸の時期に重なるという貴重な機会となりました。

 

 

 

 

浄化

 

 

 

現在わたしたちは太陽の動きを元にした太陽暦(グレゴリオ暦)を使用しています。しかし明治5年以前までは、月の満ち欠けをもとに、季節をあらわす太陽の動きを加味して作られた太陰太陽暦が使われていました。

 

 

 

太陽の動きと月の動き。その動き(リズム)は違います。たかが暦と思われるでしょうが、私たちはそういった外側の要因に影響されて生きています。太陽と月のリズムのどちらがいいかではなく、これらが象徴する新旧/陰陽のを統合しながら本来の宇宙のリズムに共振していきます。ネオリズム。

 

 

 

前回の乙女座新月から今回の魚座満月という乙女座と魚座を起点とする天体の動きの時期は、自分でも気づかないマインドの深い部分の浄化を促されています。

 

マインドの囚われや固定概念や考え方の癖や無自覚に制限している感情により内側の問題が起こります。これらマインドの癖は幼少の頃に起きた出来事によるトラウマや人間関係により構築されたものもありますがそれだけではありません。

 

 

 

自分に向き合いマインドの制限や内側の緊張を解放していくことにより、さらに深い部分にある手放すべきものが浮上して来ます。これらは自分に向き合うことにコミットしなければ自覚しづらい部分であり、その多くがご先祖から受け継いだものです。

 

 

 

この深みに到達するためにはその上に積み重ねて来たブロックを解放していく必要があります。ただ表面的なブロックや制限や囚われを解放するのではなく、深い部分でのご先祖との繋がりを認識した上で取り組むことでブレイクスルーが起こります。

 

 

 

解放や手放しや浄化とは何なのか?

 

 

 

スキンケアではクレンジングが1番大切なように、固定概念で固められたマインドの上に新しい概念や知識を取り入れても肚に落ちないし自分の心に浸透していきません。

 

化粧水をお肌にたっぷり浸透させるには丁寧なクレンジングが必要なのはご存知の通り。時には毛穴の奥までのディープクレンジングが必要となります。

 

 

 

それはスピリチュアルの道を深める上でのマインドの浄化や手放しについても同じことが言えます。物事はとてもシンプルです。

 

 

 

では、何を浄化するのか?

それはどこからやって来たのか?

ということを考えるにあたり、ご先祖の存在は欠かせません。

 

 

 

今年、来年、再来年と向こう3年間は、満月(中秋の名月)と旧暦による8月15日(お盆)が重なりますのが、今回のようにお彼岸の時期(秋分の日の前後3日間ずつ)が重なることは珍しい機会です。いつも以上にご先祖との繋がりを意識することに適しています。

 

 

 

「彼岸」とはサンスクリット語の「波羅密多」が由来であるといわれ、煩悩と迷いの世界である此岸(しがん)にある私たちが、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で悟りの世界である彼岸の境地へ到達することが出来るというものです。

 

 

 

六波羅蜜の修行というのを難しく考える必要はなく、私たちの取り組みに置き換えてみるとそれは「自分に向き合う」ということです。

 

 

 

もう何年も自分に向き合って来たし、スピリチュアルのセミナーにも散々行ったし、もうスピは懲り懲りという言葉を目にしたり耳にしたりします。

 

スピリチュアルな世界をマスターすることが東大受験よりも簡単だと、どうしてそう思えるのでしょうか。数回のセミナーや数年の取り組みでスピリチュアルをマスターできると、それはどこの世界線で当たり前のことなのでしょうか。

 

 

 

まずはその思い込みから手放していくことです。誰とも比較しないことです。スピリチュアルということをそんなに複雑に難しくする必要はありませんが、気軽にわかったつもりになるのも考えものです。

 

 

本来はマインドのクレンジング(浄化)や手放しが9割なのに、新しい知識や方法ばかりを欲しがり何かを知った気になってしまう。実はそれは1番の遠回りの道。

 

 

 

 

私はこのお仕事に入った時に、まあ随分と奥深い領域に足を踏み入れてしまったものだと思ったものです。これらを言葉で表現することや実際に体現することができるのだろうかと思ったものです。

 

しかし行くのです。その時々で自分に誠実に、飾らず気取らず取り繕わずできることから言葉にして伝えていくのです。体現できるところまで行くのです。

 

 

 

般若心経の最後のマントラの言葉です。日本ではギャーテーギャーテーで有名ですね。

 

 

 

gate gate pāragate pāra-samgate bodhi svāhā.

 

玄花意訳>

逝った(自我が)。行った。彼岸まで。全てを受容しあの彼岸まで。ああ、目覚めだ!!

 

 

 

 

 

今回の遠隔エナジーワークは場を48時間ホールドする特別な遠隔となります。動画レターもいつもより増量です。

 

 

 

 

 

 

 

遠隔エナジーワーク概要

 

 

▪️遠隔エナジーワーク受け取り日時

9月21日22時から23日22時までの間に何度も受け取ることができます。

 

 

▪️費用

18,888円〜

┝PayPal決済の方は19,840円〜

┝銀行振り込みの方は23日までにお手続きください

┝アンナプルナ会員の方は会員価格で参加いただけます

┝費用に含まれるもの:質の良い睡眠、満月のメッセージと遠隔エナジーワークの受け取り方, 動画レター(30分×2本または60分×1本)

 

 

 

※私は今、私のご先祖のルーツである済州島に滞在しています。この土地から今回のテーマをお届けできることを嬉しく思います。

 

 

 

 

 

▪️お支払い方法

⑴ PayPalによるクレジットカード決済(+決済手数料5%)

⑵ 三菱UFJ銀行へのお振込み(+振込み手数料)

⑶LINE Payで支払いをされたことがある方はLINE Payでの受付もOK

 

 

 

 

お申し込み方法

 

⑴玄花OFFICIALの公式LINEトークより「遠隔」または「遠隔参加」と書いて送信してください。自動応答のためそれ以外の文字を書くと返信が届きません。その場合は再度送信してください。

 

 

⑵info★hyunhwa.jp(★を@に変えて)に、「遠隔参加します」とお送りください。

 

 

 

 

 

公式LINEの登録方法

 

・玄花公式LINEに登録されて申し込まれる方はLINEアプリでID<@hyunhwa>を検索し友だち追加してからお申し込みください。

 

・返信が届かない場合は公式LINEのトークまたは上記メールアドレスからご連絡ください。

 

 

 

 

※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。