PROFILE

玄花(ヒョンファ)

  • 株式会社 玄花 代表取締役社長
  • ライフメンタルコーチ
  • アーティスト

次世代に繋ぐ架け橋として、意識改革と人材育成に関わる。


​貿易会社の経営者であったふた回り年上の夫との間に3人の子どもをもうける。子どもたちが5歳、7歳、9歳の時にがん末期の夫を自宅で看取る。


何不自由のない会長夫人の生活から、財産放棄し全ての動産・不動産を失う。


経済的にマイナスの状態から、小学生3人の子育てや自営業への転身から会社設立など、「生きるってね、楽しいの!」という言葉の本質を体現するパワフルなモチベーショナルスピーカーである。

玄花(ヒョンファ)Works-JUYO実践者として、 関わる方々にインスピレーションとPOWER、物事の全体性を捉える視座を示している。JUYOとは道教のタオに通じるあり方である。その存在感と人生経験で培ったものにより配信される言葉にコアなファンが多い。


現在は玄花Worksやコズミックジャーニーを通して「本当の自分を生きる」大切さや楽しさを伝えている。​コズミックジャーニーは2012年5月より国内/国外含めて60回の開催実績を持つ。参加する方が元気になり、地球を元気にするエネルギーワークを世界各地で行なっている。​


見えないココロやエネルギーの世界を、神秘主義や不思議ワールドに閉じ込めず、現実を生きる力にすることへと導く存在である。


物事の深い本質の領域を扱える存在として、地球を下支えしている。

Short Biography

こんにちは、玄花(ヒョンファ)と申します。

生まれも育ちも東京下町。
父方と母方ともに済州島にルーツを持つ在日韓国人3世です。​

自分に至るまでの家系図を有する、玄一族の直系長男である本家の長女として生まれました。全ては法事を軸に成り立っているような韓流ドラマさながらの、家系の伝統的な儀式である法事を代々の長男が受け継ぎ営み、それをまた次世代の長男に手渡すということを守り通している家庭で育ちました。


​厳格な父と、父を支える母。私は初孫の内孫として祖父母に可愛がられ、小さい頃はボーッと妄想したり本を読んだりすることが大好きな反面、閃くとすぐに行動する突飛な一面もあり周りを驚かせていました。

​4人妹弟の一番上の長女であり、責任感の強い長女気質とその真逆の繊細な感性を併せ持つ幼少期と思春期を過ごします。盛大な反抗期を通りました。​



<20代〜社会と関わる>
時はバブル景気。

金融機関に就職し、男女雇用機会均等法制定から施行の流れで支店初の女性総合職として勤務し3年半後に退職。​次に選んだのは、消費者金融大手が株式を公開し一部上場した頃の消費者金融です。4大大手に勤務しました。​​


「お金とは何か?」
お金というものの本質や経済のシステムについて多角的に知理、考える機会を得ました。手形や小切手など、銀行業務の試験があったことが懐かしい。当時は多重債務が社会的な問題になった頃でもあります。
お金によって人生が大きく変わっていく人たち。お金の持つエネルギーを目の当たりにしました。


​その流れで次は法律事務所の事務として、破産や債務整理を担当することとなり、また別の視点からお金というものに関わりました。この経験は今にとても生きています。



​​​​​<30代〜子育てと専業主婦>
夫と出会いパートナーとなり、3人の子どもの妊娠・出産・子育ての時期のスタートです。


​仕事はすっぱりとやめて専業主婦になりました。20代のキャリアを懐かしく思うこともなく仕事に復帰したいと思うこともなく、何かを始めるとそれ一筋になるのは子どもの頃からです。関わる場の中で、全力を尽くそうともしないのにそれに夢中になる性質です。​

ぴったり2年2ヶ月ごとに3人子どもが生まれ、4人目の子どもは妊娠9週目の心音確認後に流産するという経験もしました。

ふた回り年上の夫の人間としての幅の広さと面白さと、経営者としての信念や責務や孤独や事業の成功や失敗などの展開に家族として関わるうちに、子育ても相まってあっという間に時が過ぎていきました。



​​​​2009年1月12日。子どもたちが5歳・7歳・9歳の時に、1年半の闘病を経て悪性リンパ腫のがん末期であった夫を自宅にて看取る。

​夫が倒れてからの経験は、人智を超えたことや、想定外のことばかりでした。虫の知らせという言葉があるように、人智を超えたところの働きが物理現実にどのように影響を及ぼしているのかについての探求が始まります。​​​​



<40代〜自分を生きる。職業玄花へ>
夫を看取った後に、0歳1歳2歳専門の保育関係の正社員の職に就きます。


​​親や先生に教えられるままに、幼児がひとつひとつ「当たり前」を覚え信念体系を築いていく姿は、自分の子育て中には見えなかったものを客観的に観る機会となりました。こうやって人の自我が形成されていくのだ、と。

そんな日々の中である出来事があり、自分の中にある凝り固まった「常識」や「当たり前」や「正義」が錯覚であることに気づき始めます。

今思えばこの頃に、自我に向き合い、本当の私が目覚めるためのプロセスがスタートしたように思います。​​



それから人とのご縁や繋がりにより、今のお仕事へと流れるように入って行きました。人と関わるきっかけとしての占い。四柱推命や道教の靈符を用いた鑑定やセッションではカリスマ占い師と呼ばれることもありました。

さらにヒーリングやボディワークの世界に触れ、見えないエネルギーやココロの世界やカラダについての学びも同時にスタートします。

​人生の中で出会うもの、起きる出来事は、本当の自分に出会うプロセスです。



​​このお仕事を始めてからまるで導かれるような流れの中で、「生かされている」という感覚を実感し始めました。それはまるで伝統的仏教の教えによって至る心持ちに近いのかもしれません。


​私はご先祖を敬い大事にする家庭に生まれ育ちました。先祖代々特定の宗教の信仰はありません。しかし世界の文化の背景には必ず宗教観がある。昔から連綿と続く世界の宗教から信仰についてもその発生から歴史を紐解き探求しています。​

さらには最先端科学である量子論の概念から見えない領域の理解も深めているところです。​​


2011年より数々のオリジナル講座をスタート。

​それらを通して伝えているのは、自分を生きるということの醍醐味と、生きることは楽しいのだということ。生まれた時から構築してきた自分の当たり前や常識を取り出し、「自分はどう生きるのか?」を考えること。

​自分に問いかけ、自分で得た答えを実践し行動し体現すること。失敗はないということ。​

そうして伸び伸びと引き出された自分の潜在能力を社会に還元すること。次世代に手渡すこと。


私は全てを失ったかに思えた自分の人生の経験の中で、どん底と思った時にもそこにある愛とユーモアに気づくことがありました。実は人生はとてもシンプルであるということを実感しています。それを玄花Worksという講座やコズミックジャーニーというツアーを通してシンプルにお伝えしています。


本当の自分を生きること。
それがこの世界への貢献の一歩です。



Ωあなたの持っている生きる力、生き抜く力を最大限引き出すこと。あなたが元々持っている元氣を取り戻すことで頑張ることなく流れに乗っていくこと。

​私はそれをサポートすることを通して人々に貢献しています。​

Philosophy

「遊ぶ大人が世界を創る」

すべての子どもたちが「早く大人になりたい」と思えるエネルギッシュな大人を増やすことに貢献する。

これが(株)玄花(ヒョンファ )の理念です。


「こうしても生きていける」

「こうやっても生きていける」

「生きることが仕事になる」

そしてつまりは「生きるってね、楽しいの!」ってこと。

かの老子はこう言いました。

「天地万物の根源となるものを“玄”と言う」と。


玄という名前を持って生まれました。

玄の字の表す哲学をアーティスティックに体現するべく精進してまいります。

あなたがあなたのポテンシャルを発揮しオリジナルを花開かせ体現する。

その場所へご一緒しましょう!

あなたの根源(玄)を花開かせる。

だから私は玄花 ヒョンファなのです。

生き生きと自分というオリジナルを発揮し遊ぶように生きる大人が創る世界を次世代へ手渡すこと。

リアルにお会い出来ます事を楽しみにしています。