メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

純粋な氣づき〜7月3日蟹座新月-日食-遠隔エナジーワーク

2019.07.02



ホールネスであること①
〜自我(エゴ)の取説の再チェック〜





対話の中で、「私は〇〇に対して大きな氣づきがありました」、と聞くことがあります。




それに対して、「いいえそれは氣づきではなく、自我の生み出した新しい解釈と認識です。自我の生み出した新しいドラマです」とお伝えする時があります。




純粋な氣づきとドラマの違いとは何か?
今回の遠隔のテーマです。





生まれ立ての赤ん坊の頃。まだ、主体(自分)と客体(自分以外)という認識を持っていません。全てはひとつという感覚。それは私たちみなが持っている本質。




そこから私たちは認識を通して自我(エゴ)を発達させて来ました。




自我の生み出したものを観念と言います。




それはこの世界で生きる醍醐味。分離意識というエンターテイメント。




この世界は自我による解釈と錯覚の世界です。自我を本当の「わたし」と思うところから錯覚の世界がスタートします。




錯覚した「わたし」が様々なものを認識し解釈をし始めます。そう、ドラマの誕生です。




私たちはこれを連綿と繰り返しています。今この瞬間にも。




実のところドラマを生み出せることは素晴らしいことなのです。




しかし多くの人は自我の解釈と認識によるドラマを生み出し、そこからさらに新しいドラマ(問題と認識するもの)を生み出します。




こじらせ系。
負の連鎖系。
問題の多産系。





実際そこには問題などないのに、ひとたび自我がそれを「問題である」と認識し始めた途端に問題が問題を生んでいく。




そんな連鎖パターンから抜け出す7月の遠隔エナジーワークです。





ダンボールの中に迷路を作り「用意スタート」とスタートラインからラットを放つ。ラットはあっちにぶつかりこっちにぶつかりしながら、迷い続ける。まるでドラマに迷い込んだ私たちのように。




運が良ければゴールに抜け出す。確実にそこから抜け出すには、ドラマを生み出す自我から離れる必要があります。




ダンボールの外側からダンボールの中を見てみると、そこにはなんの問題もありません。次は右へ、次は左へと、スイスイと道を指し示せます。




物事を大きな視点で捉えること。
全体を捉えること。




あなたはラットとしてドラマの中を生き続けますか?
それともダンボールの外側の視点を得ますか?




最初に書いたように、ドラマを生み出せることは素晴らしいことなんです。私は自我を否定しません。




ちょっと使い方を知らずにここまで生きてきましたので、ここで改めて自我の取り扱い説明書を見直します。




自我から離れたあとは、自我を味方につけるんです。極上のドラマを生み出し、この世界を楽園にするために。




もちろんホールネスな視点とは、JUYOです。




全てを包み込む大きな視点。それは官能(エロス)への入り口。





7月は節目となる日食新月と月食満月が起こります。8月8日のライオンズゲートを前にこの二回を通して、錯覚の世界を外側から見る目を持ちましょう。





まずは、純粋な氣づきと自我の生み出すドラマ(解釈と認識)の違いについてお話しします。






<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。