メルマガ登録はこちら

 

BLOG

Archive

サイト内検索

玄花の遠足@宗像大社

2015.08.17


2015年7月24日
玄花の遠足第21弾は初の福岡にて開催しました。



初の福岡!素敵なご縁が繋がりラブコールが来て、前日の博多の夜は3人の密な女子会となりました。博多はよかとこねぇ。



初の九州は一昨年の熊本でしたけど、九州はどこに行っても「また行きたいな」と思う場所です。次は宮崎高千穂の幣立神宮の遠足も予定しています。



ちなみに遠足候補地をざっとご紹介しましょう。



奄美大島
屋久島
幣立神宮
セドナ
シャスタ

今のところはこれらが候補です。島系は時期が大切です。いつかのその日のためにどうぞ、準備をしておいて下さい。


メルマガの読者にしか告知していなかった、玄花の遠足@久高島は満員御礼です。玄花の遠足初の1泊2日のリトリート。今後もリトリート形式は増えると思います。お楽しみに!




さあ、宗像大社の当日
前日までは雨が降っていた福岡ですが、もちろん当日は気持ちの良い晴天!雲も少ない青空に映える大輪の牡丹を背負って、行くぜ宗像GO~☆


これね、10数年前に旦那からのプレゼントのドルチェ&ガッパーナのシャツ。こういうのを90歳でもサクッと着こなせる婆さんになってるよ。私。はははは。



参加者と駅で待ち合わせ。今回はキャンセルが相次いで3名の参加。



玄花の遠足は申し込みをしたところから始まります。申し込みをしてからそれぞれのプロセスに入る中で、当日に都合などで来れない方もいらっしゃいます。



伊勢神宮の時の遠足も三輪山の遠足の時もそうでした。



しかし止むを得ずに当日や前日キャンセルの方は、遠隔参加としてエネルギー的にホールドしています。随所のエナジーワークも受け取っていただいています。




宗像大社へ着くと、まるで貸し切り状態。あまりの歓迎ぶりに何だか笑いが込み上げてくるほど。各所を参拝したのちに、宗像大社最大のパワースポットと言われる高宮参道へ。




ここでは古代、祭祀が執り行なわれていました。この高宮祭場は、宗像大神の降臨の地と言われています。




あぁ、いいエネルギーです。



今回の宗像大社の遠足は、地元の方も参加されました。私と最初に関わったのは遠隔エナジーワークの場にて。そしてこの遠足への参加。



地元なので何度か足を運ばれた事もあるし、行こうと思えばいつでも行ける場所に関わらず参加して下さった。私が告知フォームに乗せていた遠足のルートを、事前にすべて下見もして下さいました。



さらに車で行くからと、全ての行程の移動を車で協力頂きました。本当に感謝です。こうやって支えていただけてご縁が出来て、これからも初めての場所だとしてもビビッと来るに任せて遠足を組んで行こうと思えました。



車があるので道の駅にも寄れました。日本一稼働している道の駅だそうで、もうその品数の多さと値段とお惣菜の美味しそうさにウハウハが泊まらない。ありがとうございます。



「遠足」というとっつきやすい間口にしていますが、行われているのは密度の濃いWSでありグループセッションです。宇宙や自然と共振しながら行われるパワフルな場です。

さあ、大島へ向かいます。

{1FD8A1A8-9372-4DAE-9A41-C534400CD29B:01}



神の住む島、大島
先月の遠足の広島宮島もそうですが、日本は本当によかとこよねぇ。


今住んでいるこの日本。
本当に良いところがたくさんある。


いずれは世界中を飛び回る。
なんて言ったりしますが、今住んでいるこの日本の良さをしっかりと丁寧に味わいたい。特に沖縄・九州・琉球諸島は、魂のご縁を感じる場所です。




フェリーで大島に着いてみると、目の前にバスが止まっている。なんと、夏休みの間に走っている無料の観光バスです。島内の各所を回るバス。好きなところで降りられます。


ササッと地図を見て、降りる場所を決めてバスを利用させて頂きました。ラッキー♡このバスの運転手さんとの面白話はまたどこかで。本当に面白いんだから。わははははは。





風の丘にて。




遠足に参加される方は、「ビビッと来た」という方が多いのですが、きっと無意識にも何かを決意して、何かを手放すために、又は何かを内から呼び覚ますために参加されていると思います。



それがなんであるかはどうでもいい。



私がパワーを授けている訳ではなく、それぞれが内なる本質や根源に繋がり、それぞれのそもそも持っているものを発露すっるだけ。



ただそれだけ。



宇宙と共振するための媒介になれること。それぞれが開かれていく目撃者になれること。光栄に思っています。




行こうと思えば一人でだってどこでも行けるさ。だけどこの玄花の遠足の場を選んでくれた。そこに響いたものを受け取ってくれた。それが本当に嬉しいんです。



1人でも来れるけど、でもきっと1人じゃ来ない。1人じゃ味わえないそんな場がここにある。


肚から声を出し、泣いて笑って生まれて初めての感覚を身体に呼び覚ます。この風の丘での事は、私にとっても一生の思い出です。





そこから沖津の宮遥拝所へ。

{52F2A2EE-BF53-4BB6-84D9-AA8C0E534314:01}



大島はね、虫も獣も猛禽類もたーくさん。生き物にやさしい島なのだよ。そして私たちもまた生きものだ。


この文章を書きながら、それを思い出し涙が溢れて来る。


大島は、やさしいやさしい島でした。そうやってやさしく受け入れられたいって、心の底で思っていたんだもの。



沖ノ島は滅多には見れません。この日も見えませんでしたが、他には人がいないこの場所でたくさんの話をしました。私と夫との話しも含めて、色々ね(内緒)



さらにこの大島には七夕伝説があります。織姫神社と彦星神社が向かい合って、でも目を合わせない…みたいな感じで建立されています。



しっかし織姫神社への参拝のサバイバルぶりが凄い(笑)

{66B1F63B-C3A0-4D7B-A94A-96027757E805:01}



鎖を伝って一歩一歩登る姿を写真に撮る私。

{CA895533-0D51-4BC8-B9A7-32535C1E538A:01}



そして目の前の彦星がいる牽牛神社へ。



みんなプルプルで可愛くなってる♡(私もね)



なーんだろう。
この嬉しさ。このキャピキャピ感。




あの、2012年の金環日食の日から始まった玄花の遠足。


こうやって遠足をしながら色んな人と出会い、その場を共有し、触れ合いながら日々を送っていたい。この遠足のために、日々の当たり前を丁寧に生きる。



そんなWSや遠足やclassをこれからもお届けしていきます。



明日からは20日~21日の遠足@久高島のための沖縄入り。



今まとまりつつありますが、ハートの次元における自己開示・自己表現とは何か。沖縄で語ります。



楽しみです。







※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。