メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

お話し会のご感想

2015.10.04

 

22日の午後、祖父他界の報せに凍りついた。

 

 

何故、このタイミングなのか?と。

そんなに、お話し会に行ったらダメって事なの?

 

 

そんな事を考えながら

でも

何か「それでも」と地団駄を踏む自分に

悲しいような

情けないような

自分が何に泣いているのかわからない気分だった。

 

 

「じいちゃんが死んで悲しい」

それだけで泣いている気がしなかった。

 

 

その感覚を、「悲しい」や「悔しい」「情けない」では説明出来なかった。

 

 

散々泣いて

なぜか玄花さんにメールしていた。

 

 

すぐに返信があった。

取り敢えず落ち着け、と。

まずは泣き喚いて悲しがって悔しがれ、と。

そして、気が済んだら「繋がったと感じるまで」自分のハートを感じなさい、と来た。

 

 

そうしてそこから「おじいちゃんを感じてごらん」と。

そうしてその時自分は何を感じるか?そこに素直になるんだよ、と。

 

 

何に囚われることなく、

誰の目を気にすることなく。

その全てが正解だから、と。

 

 

(中略)

 

 

さっぱりして、お話し会会場に向かった。

 

 

行くとは伝えて無いけれど、多分どうせ玄花さんの事だから来るとわかってるだろうと、根拠無く思っていたから、連絡してはいなかった。

 

 

着くと、私が一番乗りだった。

玄花さんは笑って「いらっしゃい」と言った。

そして、私を入れた人数分の椅子が準備されていた。

 

 

抱き付いたら、もう別に泣きたい感覚は過ぎてたのにまた泣けた。

 

 

(中略)

 

 

お話会の内容は、実はあまりよく覚えていない。笑

 

 

それはいつもの事で

耳で聴いていないからだろう。

 

 

必要な時に降りてくるから

とにかく浴びていた。

 

 

玄花さんの安定した波動が創り出すまろやかな空気のなかでまったりしていた。言葉を浴びながら。笑

 

 

人は、【安定してその波動で居続ける人】に吊られるんだという。

波動に良い悪いは無く、とにかく安定している波動がその場の大多数の空気を占めるんだそうだ。

 

 

玄花さんの波動は圧倒的に安定していて

その波動はまろやかでエネルギッシュだ。

 

 

(中略)

 

 

今の「流れ」みたいなもの、「降りてくる直感」と「湧いてくる直感」の違いについての、【玄花さんの視点】について話を聞いた。

 

 

時には、玄花さんだけでなく参加者の体験も交えながら。

 

 

私は何故か途中から右掌の真ん中に水泡が出来て痒くて仕方なかった。それは、お話会後、新横浜に向かう電車の中で収まっていた。

 

 

最後に皆で倍音を奏でて

玄花さんの歌に身を預けて

「お花し会」は幕を閉じた。

 

 

殆ど覚えて無いままに

だけど刻まれた言葉は

【この世界で、私にとってネガティブな側面を担ってくれた全ての存在に祝福を】

 

 

彼等達の存在のおかげで

その都度向き合い、してきた“選択”が

今、

私をここに連れて来てくれている。

 

 

 

 

 

 

<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。