メルマガ登録はこちら

 

BLOG

Archive

サイト内検索

共同体感覚で生きる②:トークライブを終えて

2020.11.23


アドラーの提唱する「共同体感覚」を軸にトークを展開しました。それは仏陀の教えにも通じる。まず、この二回のトークライブを通じて自分のライフスタイルや世界観が何で成り立っているのかを理解します。


それを理解するということは、自分の世界観(物事の捉え方)を変えることができるということなのです。



その人の性格や気質や性質や人生における思考や行動の傾向が、その人が世界をどう見ているのか?自分をどう見ているのか?ということに影響します。



その人の世界をどう見ているのか?という世界に対する意味づけや解釈や、自分をどう見ているのか?という自己評価や自己分析がその人の世界観を構築しています。



世界観とは人生のあり方です。





物事がうまく行かないとき。その人は世界を悲観的に捉えていたり、現実の状況は自分次第で変わるはずがないと思い込んでいます。



そのような世界に対する自分の見方(自分の世界観)を変えるためには、冒頭に書いたように自分の世界観が何で成り立っているかを知る必要があるのです。




現実の状況が自分の思うようにならず、その原因を探すために自分を深掘りし、過去のトラウマや親の愛情不足が原因だとしながらも何も解決しない人は、自分の物事の捉え方(自分の世界観)を変える必要があります。



問題の解決方法を学ぶよりもインナーチャイルドを癒すよりもまず、そもそも自分が世界をどのように捉えているかを知り、その視点をシフトさせる必要があるのです。





トークライブでは事前質問を受け付けています。前回のトークライブではこんな質問をいただきました。下記ブログを参照。







今回はこんな事前質問をいただきました。いくつかをシェアします。



❶身体の反応に任せてyes no を決める時は瞬時に答えが出るけど、どうだったら自分は幸せか?と考えて答えを探す時は時間がかかる。


↑↑↑
どうだったら自分は幸せかと考える時点で既にそれは望まないことを無理に望んでいることでもあるのかな?



❷思考のスパイラルから抜け出せない時、歩く、瞑想、掃除等、方法はいろいろあけど、玄花さんは何をしますか?



❸玄花さんはセッション等で人に何か伝えるとき、伝えるか伝えないかを判断する指標(内容などはケースバイケースと思いますが)で全てに共通するものがあれば教えてください。




❹身体の症状が出たとき、玄花さんは、それをどうやって理解・解釈・対処していますか?
(同じ症状でもその時々で違うこともあるのではないかと思うので。例えば発熱がデトックスとか、エネルギーの切り替わりの時期とか、抵抗、とか。)



❺玄花さんや他の方の言葉や言っていることが、聴いても(読んでも)頭に入らない、理解できない時は、その時の自分の「意識のレベル」が合っていない、ということもあるのですか?
(その時全然わからなくて焦ったりするけれど、後日ふっと入ることがあるので)



❻「共に考えること」が共同体感覚ですか?



❼「世界観」はひとりひとり違う。
似た世界観の人で集まりたがる。
他の世界観を理解できないと思う、嫌う。
共同体感覚って、それでも相手との共通点を見つけることでしょうか?
そんなのあんまりやりたくない気がする。






今回もたくさんの質問をいただきました。しかしトークライブを経てシフトした視点で改めてその質問を見てみると、その質問自体が成り立たないことに気づかれた方も多かったことでしょう。素晴らしい視点のシフトです。



トークライブの中でも質問を募りました。その人らしい質問をしてくださり感謝しています。



事前質問にしろリアルタイムの質問にしろ、周りの評価を気にしていい質問をしようとしている質問と、その人のコアなところから湧き上がる質問は全く違います。



トークライブを経たことにより、その場で質問する勇気も得たのではないでしょうか。その一歩がとても嬉しいです。




今回のトークライブの動画の販売がスタートしました。玄花とホワイトボードが映され話は展開しています。



動画購入希望の方はこちらをご覧になりお申し込みください。





次はトークライブのご感想に続きます。










※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。