メルマガ登録はこちら


 

NEWS

【Voice】リトリートツアーのご感想

2022.01.11

 

 

2021年12月29日〜30日のリトリートツアーでは、宝登山、観音山、妙法ヶ岳、御岳山など4つの山々にある靈場や神社の奥宮へ行きました。

 

 

 

 

 

リトリートツアーありがとうございました。丁度、家族は先に帰省していて私一人の家で、ゆっくり静かにリトリートを振り返りながらお正月を過ごしています。三峰いく前は帰ったら一人だなんて、なんて寂しいの、と思っていたけど、全然快適で楽しい! 本当になんていうかありがたいことです。

 

年末玄花強化月間の最終仕上げのようなリトリート1泊2日という時間の中で、楽しくて仕方ないとともに、自分の思考や概念にどれほど気付かされたか。ツアー中、繰り広げられる多くの会話の端端から、あ、自分はこう思っているんだ、今の視座よりも、もっと広い高い視座があるんだ、そう考えて良いんだ、ということが次々と湧いてくると同時に、気づいたことで自分を卑下していることにも気付きながらjuyoしてく瞬間の連続でもありグループツアーの醍醐味を感じました。

 

奥の院への道のりとワークは圧巻でした。山は多くのことを教えてくれると言うけれど、こういうことかと実感。歩きながら、体の癖、思考の癖、日頃の行いの癖があらわになっている。そして、奥の院への道を歩きながら踏み締めてくれた人がいるから、この道がある、祀ってくれた人がいるからここにお参りできる、目印や手摺をつけてくれた人がいるから私は安全でいられる、もしも、一人で歩いていたとしても、たった一人で歩いているわけでも、歩けているわけでもない。私の体験していることの全ての向こう側にたくさんの人、目に見えないもの、ご先祖達がいるのだなあ、と実感できてとてもとてもありがたかったのです。

 

それだからか、暮れの買い物では、見ず知らずの人とちょっとした親切を受けたり、手助けできたりが、今まで以上に自然に人と交流ができたような。今までは、何となく遠慮していたし、何となく怖かったりもしたけど、抵抗なく、受け入れ、そして受け渡すことができる自分がいて、ああ、自分はいつまでも変わらないように思っていても、ちゃんと変わっていってるんだな、と。

 

「場をつくる」とか、「場を信頼する」ってどういうことだろうか? とこれまで機会あるごとに考えてきましたが、玄花さんのあり様、ご一緒した皆さんのあり様、そしてそこに反応する自分の様をみながら、こういうことかもしれない、と自分なりに掴めてきたように思います。

 

玄花の場にいながら、新しい体験が積み上げられていくこと、自分自身への信頼を積んでいけていることが、とても嬉しいし、ありがたい。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく思い返すと顔がニコニコしてしまうくらいとっても楽しい時間だったのですが、玄花さんや参加されたみなさんとの間の対話を通して、自分の発する言葉(その大元の、今自分が持っている思い込みやこだわりや無意識な癖など)に向き合う、とても濃厚な時間でもありました。

 

ツアー中は玄花さんの毎瞬毎瞬本気の問いかけやメッセージを含む対話についていきたいと思う自分がいて、ちっぽけな自我のジャッジが入る隙間もないくらいでした。この2日間で小さくこだわっていたことや自分にはできないかもと思い込んでいたものも、ホロホロと剥がれていったように感じます。

 

三峯神社の奥宮も、出発前の「私は初めてだし山を歩くのは苦手」という思い込みも、ちゃんと休みながらみんなと無理なく、苦しくなく登れたことでもう消えてしまったし。もういらないものを辞めること、断ちきること、気づいて手放すこととはどういうことかを、ツアーの中で体感した二日間だったと思います。

 

一緒に参加できたみなさんや、これから何かを一緒にやっていくであろう人との横の繋がりの大事さも感じたし、ご先祖や自分から先の繋がりや、自分以前に道を作ってくれた人や、自分以降歩く人に手渡すものなど、縦の繋がりもリアルに感じて、自分の立ち位置が少ししっかりしたのかな、と思います。2021年最高の締めくくりをありがとうございました。

 

こんなに、これからの一年が楽しみだ!色々やっていこう!と思えた年末はないかもしれません。それが滲み出ていたのか、帰宅したら甥っ子たちがずっと話しかけてきて、遊んでと寄ってきて、寝るまで私の側から離れませんでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

車中の何気ない会話や、玄花さんの口からポロっと出る家族や両親への向き合い方等…笑いながら聞きながらも、笑い終えた後ジーンと響いて背筋がピリッと引き締まる思いを何度かしました。断ち切る。という話の中で私が思い浮かんだ事は、家族への無駄な心配事と、私1人が頑張ればよいという思いでした。話ながら笑いながら、この思いが薄れるように軽くなっていきました。身体が軽くなるんです、不思議と。

 

個人的に1番気持ち良かった場所が、鷲屈山観音院、東奥の院から見た山々。山を見ていると身体中が熱くなって涙が溢れました。あの時、何となくおじいちゃん、おばあちゃんを思い出していました。身体が熱くなった時は、色々なご先祖様が私の身体の中にいる事を感じていて、改めて身体を大切にしていこうと、思いました。日々の細かな選択や、意識を向けた先への影響を考えながら今年は過ごして行きたいです。

 

参加された方々と、楽しい時間があっという間に過ぎました。ありがとうございました。ミラクルも多発した1日でしたが個人的には、どうしても見つからなかった失くした髪留めが、なぜか持参したリュックからヒョッコリ出てきた事と帰りの電車の乗り継ぎがどうしても間に合わない~!と、ダッシュしたのは事実なのですが、2分位時間が伸びたとしか思えない体験をしました。天狗さんのうちわに助けてもらえたのかな(^-^)お天気にも恵まれ、良い経験となりました。ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

刺激的で最高の時間をありがとうございました☺️リトリート中の会話からも自分の氣づきが沢山あり、2日間ずっとハイというか、ゾーンに入っているような感覚でした。

 

2日目の朝、三峯神社までの車内で氣付かせてもらった、『人の会話には返事をしなくちゃいけないという自分の刷り込み』これはよくよく考えてみると、子供もの頃からほんとにずっと無意識にやってきたことだったので驚きでした。そしてリトリートが終えてからこの氣づきをきっかけに芋づる式に色んな刷り込みに氣づいて「あーーー私は自分で自分の役割を沢山作ってたなあ。頼まれてもないのに(笑)」と笑えてきました。

 

そんなこんなを経て仕事始めを迎えたら、なんだか職場が無理せず、肩肘張らず、自分らしく居られるなあと思える環境になってて。年末頃には色んな不平不満が溜まって本氣で転職を考えたのが嘘のようで驚いちゃいました(笑)

 

暗い中での登山も、奥宮からのご来光も、身体がしんど過ぎて笑えてきた数十年振りの御嶽神社も、どれも一人だったら心折れてたと思うので玄花さんと、皆さんとあのタイミングで行けたこと嬉しかったです☺️

 

 

 

 

 

 

リトリート

 

 

 

 

お問合せやご意見ご感想は公式LINE「玄花OFFICIAL」が受付窓口となっております。下記のLINEアイコンからお友だち追加しトークよりお寄せください。各SNSのフォローもお待ちしております。