メルマガ登録はこちら

 

BLOG

Archive

サイト内検索

北口本宮富士吉田浅間神社

2013.12.31

「愛の受容気功」というWSを開催しています。


受容するために、深い感謝を持つ必要も深い反省をする必要もありません。ただ、受容する。



ただそうであることを受け容れること。これが「愛の受容気功」です。



我が家の夫は自宅で亡くなりました。


それに対して我が家の子供たちは「パパが死んだ」ということを、そのまま見ています。言葉にするのは難しいのですが、そのまま受け取っています。



その姿から学ぶことがたくさんありました。そんな子どもたちの姿は私のあり方そのものであると思っています。



大晦日の今日、これから実家に向かいます。


私の父は70歳。とにかく頑固で我が強くて元気で健在です。そんな私は、父親を亡くすという経験をした子どもたちに上辺の共感や寄り添いなどできるはずもなく、ただ見守っています。子どもたちの姿から学ぶことがたくさんあります。



ただ、初めて体験する人の死がパパであること。初めて見た人の死体がパパだということをありがたいと思っています。何がどうであれ、それはとても得難い経験だと思うのです。



今この瞬間の全てを「YES」と思えたら、今に繋がる過去は全部「YES」であり幸せなんです。



過去を思いだしたら腹が立つこともある。



一見「こんちくしょう」な愛もある。しかしその根底にある事に気づく刹那、「ああ、これでいいのだ」と思える時が訪れる。



そんな領域に「愛の受容気功」触れていきましょう。





29日は甲府で寮生活を送っている高校1年生の長男を迎えに行く途中、富士吉田に足を延ばし浅間神社を訪れました。



参拝と言うよりも、その土地を訪れた、という感じです。談合坂PAでふいに思いついて行くことを決めたんですから。



空気は澄み、空は雲が少なく綺麗な薄ブルー。高速道路をぐるりと富士吉田の方に向かうと目の前に富士山が現れた(娘撮影)

{794040FD-EFE3-4CE4-8469-99B0F23C706A:01}



この瞬間に出会えただけで来てよかった感に包まれます。なんだろうね、富士山のこのエネルギーは。



景色もどんどん変わり、雪もどんどん深くなって来る。

{49A7A391-46B1-4A65-8A43-32A10C541E33:01}



しんしんとした寒さの中、すっと背筋が伸びます。

{D3767560-B5E9-48A9-90AA-493D967A3275:01}



木造では日本最大とされる「冨士山大鳥居」


60年に一度の大事業で、今年の4月から1年かけて鳥居の腐食部分の補修や支柱の取り換えしています。今年の夏以来の二度目の参拝。その時は鳥居の姿はまったく見えませんでした。


写真の通り新しい鳥居がここまで出来ていて、薄暗い中でも圧倒的な存在感を放っています。


長男が今年の4月から(まさに大鳥居の修理の時から)甲府での寮生活をスタートさせ、三者面談や試合などで山梨県へ行くことが多く、その途中に少し足を延ばし参拝出来る機会をいただき嬉しく思います。

{405DE1D2-5BD1-44A6-A56B-C19FE44FC304:01}


{C004CCD8-9C62-4A6C-9071-346F0A0E66BF:01}


{E2EBE610-94D5-4756-BCDD-4E2C44E24CC9:01}




我が家の娘と末っ子と三人で参拝。1月3日に長男を寮に送る時にまた参拝しよう。



今日は実家に行きがてら産土神さまにもお参りして来ます。産土神さまは一生自分に寄り添ってくれる神さまと言われています。



自分のお母さんが自分を妊娠した時の土地か、自分を産んだ病院か、など色々と言われていますがどうでしょう。



これからも現実の仕組みを解りやすくお届けしようと思っています。



自分では望んでいない現実が展開されていると思っている方も多いでしょう。それって何故なんだろう。



また改めて内容の詳細はUPしますね。



明日、1月1日は新月だよ。
後ほど1月のスケジュールをUPします。1月3日まではお正月休みです。メルマガは発行予定です。







※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。