メルマガ登録はこちら

 

BLOG

Archive

サイト内検索

大人の遠足@高尾山

2013.08.10


今回の大人の遠足第4弾@高尾山から、大人の遠足に「山」というカテゴリーが加わりました。山歩きです。先月高尾山で滝行しながら閃いたんです。




今回の大人の遠足@高尾山では特典が盛りだくさん。その中の一つが「多次元セッション」ヒーリングではなく意識のテクノロジー。



「玄花が魔法使いなら何をお願いしますか?」と言う投げかけに返って来たそれぞれの答えを受け取り個々にアプローチします。


まずはハートに繋がり場を整える。

{65E52292-27D3-4346-AC44-42FA64D59500:01}



画面の左手前に写る紫の光。場の空気感が変わって行きます。さらに空気はモヤがかかったように濃厚になって行く。



う~ん、良いヴァイブレーション。

{D0BD8514-7BA5-4022-8335-A82D9D585D83:01}



手からはカメハメ波?
ははは。いや、波波波。



そして、二人の間の影も色々な暗示が見え隠れして面白い。森には沢山の妖精。上の写真との空気の違いがわかりますね。

{67DBD773-6A01-4E04-9BA4-064CFB228FF1:01}



サラサラで気持ちよい。
エネルギー収束中なり~。

{51DD958A-1C4B-40B6-9D9A-BC72D2CB7C17:01}



これね、ほんの数分の出来事です。

{B083AF96-FCBE-4225-B046-028B85783D1B:01}




ここで行われている事は、何かを癒そうとか変えようとしている訳ではありません。深いレベルでの同調とエナジートランスミッション。その他は、内緒。



まったくの非言語の世界。
自分の中に顕われる確かな気づき。
意識の変化に応えるような肉体の変化。



森の木々たち。足元の影。空気。目に映る全てのものはメッセージ。



自分の中の叡智と学んだ全てを統合してお届けしています。





ヒーラーとはなんぞや?と問われたら、まあ色々と定義はありますが、便宜上分かりやすくそう名乗っているだけで私自身はアメブロを始めた当初から書いているように、職業「*玄花*ひょんふぁ」なのです。



そんな私を信頼して足を運んでくださりありがとうございます。




高尾山をワシワシ歩きながら、「玄花隊があればいいのに~(川口浩探検隊の如く)、玄花組があればいいのに~」なんて声をいただきつつ、爆笑しながら山を下る。



あはははは。
いつかそんなの作るかも~。



例えばサイキック能力と言われるものがある。それがどうだとか言うのはまあ置いといて。どんな高級な道具や能力を持たされても、それを使いこなす自分がブレていたら道具は生かされない。



自分に自信を持ち、自分のスタイルに自信のある人は、例え布一枚を身体に巻いただけでも物凄いオーラを放つ。



うん百万円のバッグや洋服を身に着けても、それを生かせる自分でなければ物の価値は下がって見える。



だからこそ、どんなサイキック能力を持っているとか、どんな資格を持っているとか、占いが当たるとか、お金持ちになれるメソッドを教えてくれるなんてのは二の次にして、



その人に会いたい。
一緒にいたい。
その人と一緒にいるだけで、
嬉しくなる。
元気になる。
氣持ちが湧き立つ。


何よりも楽しい。
大好き。
いぇい!

そう思える人に会いに行って下さい。
「なんだかわからないけど」
会うだけでそんな嬉しい、楽しい、大好きな気持ちになる人と。



そしてその人が、特異な感性と、スキルと、裏打ちされた技術や確固たる信念と心意気と、何より面白さを持っていたら最高だね。



なんでそういう風に響く人に会いに行くか?



それは紛れもなく、あなたの中にもあるものだからだよ。まだ表面には出て来ていないけれど、間違いなくあなたの中にもあるもの(行動しなけりゃ一生あなたの中に眠ったままだけど)



そしてそういう人がふと、あなたに必要な言葉を吐き出してくれる。それは実は、あなた自身の内なる言葉なんだよね。




タダだから
お安いから
いいやり方を教えてくれるから



当たるから
見える聴こえるだから
サイキックだから



そういう動機で選んでもいいけれど、動機に結果がついてくる。だからその行動の「動機」に意識的になれってこと。




私、たまに山に引き寄せられて一人で山に登っちゃうの。ふらり~んと。



いつか、富士山行くよ~。
玄花隊で行くかは知らんがな。





※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。