メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

誕生日の女神のエンパワーメント

2018.04.04

 

 

玄花です。

前回3月3日の配信以来1ヶ月ぶりにごきげんよう!

 

 

2018年3月11日の昼

まさに私が生まれた午の刻(11時〜13時)の時間帯に、ヒマラヤの洞窟で祈りと儀式を行い続けている高僧より女神名を授かりました。

 

 

 

そして夜、インドはヒマラヤの洞窟にて、玄花の誕生日と玄花にempowermentされる女神に対する祈りと儀式が高僧とその僧侶たちにより執り行われる中、いただいたマントラを唱えながら遠隔参加しました。

 

 

“天が用意しているのは自我が想定しても想定しきれない素晴らしいもの”

 

 

 

 

2017年10月に生まれて初めてコズミックジャーニーとしてインドへ行き、ただ目の前に差し出される現実を私はただを受容(JUYO)するのみ。

 

 

目標とか願望をほとんど持ちません。究極的に言えば私の望みは、我が家の子どもたちがお腹いっぱい満たされて幸せであること。それは昔から今でもあまり変わりなく、私が持っている唯一の望みかもしれません。

 

 

9年前に夫が亡くなり、フェラーリやマセラティにの乗るような生活から、飛行機に乗ることすら考えられない一文無しの生活へと入りました。当時もそう、子どもたちのお腹を満たすことが最重要でもっとも大事でした。そこに自己犠牲の精神は一切ありません。

 

 

好きなんですよね。

子どもの腹を満たしている自分に満たされているんです。

 

 

会長夫人から経済的にマイナスの現実もありましたが、今では子どもが大学に進学したり専門学校へ行ったりと好きな道へ進んでいます。その経済を支えている自分に、フルフルと震えている(スラムダンクのフクちゃん的な)

 

 

結局、子どもたちは私を元気にするためにいてくれている。

 

 

それが真実とか正しいではありません。私が何にリアリティを感じ、何にニーズを感じているか。それが私の現実です。

 

 

“天が用意しているのは自我が想定しても想定しきれない素晴らしいもの”

 

 

自分のちっぽけな頭が想定する以上のものが私の人生にやって来る。人生で起こるイベントの全てがギフトであり、それを受け入れられる器であること。受容。

 

 

私のやることはそれだけ。

私はそうあるだけ。

 

 

 

「ワクワクとやりたいことをやればいいのよ」とばかりにむやみに行動したって手応えが得られないのは、ちょっと順番が違うだけ。玄花Worksではそこを無理なくすんなりと「やり方ではなくあり方」からお伝えしています。

 

 

そう、人生に起こる全てを受け入れられる自分という器作りと器の拡大に玄花Worksが貢献します。

 

 

受け容れる器が大きくなるほどに与えられるギフトも大きくなる。そうしてJUYOしたものはあなたを通して光としてこの世界に放たれます。(JUYOとは高い境地の受容です)

 

 

ということは、受け取るギフトが大きくなるほどに光もまた大きくなる。

 

 

玄花Worksとはあなたの眠っている力が開花する講座です。。何か共通のやり方や方法論だけではなく、眠れる力を開花しそれを社会に還元する。

 

 

だから安易に「ありのままでいい」とも言いません。

 

 

だって今のままが嫌なのでしょ?

もっと大きく変わりたいんでしょ?

 

 

あなたが思うありのままを壊して(JUYOして)次に行きましょう。

 

 

目標を決めること。

それも時には大切です。

常に、それがあなたにとってはどうなのか?それを考えてください。

 

 

 

昨年の10月に玄花のツアーとして初めてインドに行きました。

 

 

インドへ行くガイダンスを受け取ってくれたのは当時17歳の娘です。娘の言葉がなければインドに行くことはなかったでしょう。

 

 

そのインドツアーでは現地でプージャ(儀式)を受けました。そのプージャもヒマラヤの洞窟で日々祈りと儀式を執り行っている高僧と僧侶たちにサポートされていました。この高僧と私を繋いでいるのが、10月のインドツアーのプランニングをした現地ガイドのマノジです。

 

 

 

 

伊勢神宮では正式参拝するための初穂料を支払うと、普通は入れない場所まで入れます。御垣内参拝など。このようにインドでも、金銀の奉納や寄付を積み重ねている人々は普通では入れない場所へと入れます。インドの富裕層の特権ですね。

 

 

「しかしどれだけの金銀の奉納や寄付をしたとしても、今回玄花になされたことを受けることは出来ないんだよ。とにかく凄いことなんだよ」、とマノジは言う。

 

 

富裕層でありその特権をフルに活用出来るマノジだからこそ、特権を利用出来ない神の領域への畏敬を持っています。その重みが伝わって来ます。

 

 

私はお金の力も人脈の力も大好きですが、お金を積んでも人脈があってもできないことも多く体験しています。

 

 

結局ここでも、

“天が用意しているのは自我が想定しても想定しきれない素晴らしいもの”というのを心底信頼しているんだと思うんです。

 

 

今回も私は何もしていませんし様々な手配は全てマノジのおかげです。私はただ、「ありがとー!!!最高に嬉しい!!」と受け取っているだけです。

 

 

 

 

私がお坊さんから言われたのは、「玄花は本当に珍しい。今はこの3つのパートからなっている。ドゥルガー、パールヴァティ、カーリー。しかしここから5〜6年かけて、玄花の中でDevi9人のパワーがひとつになる」

 

 

そこに至るプロセスの一つとして、2018年1月のガンジス川での夫の散骨の後は、シャクティをアクティベートするために標高1,600メートルにある寺院へ行きました(レポは次回)

 

 

パールヴァティ、ドゥルガー、カーリーというレッテルのその奥にあるものがシャクティ。シャクティもまだレッテルですね。さらにその奥にあるものは地母神、生命エネルギー、、、、、さらにその奥の奥へ。

 

 

シヴァとパールヴァティをその名前のレベルで理解するのではなく、それはただの兆候のひとつであるということ。この理解は、絶対にヒンドゥーの神さまでなければならないわけではないことを高僧から伝えられています。

 

 

さて、今日はインド話の番外編でした。

現実の話の4%くらいしか書けていませんので、またお話しでシェアさせていただきます。

 

 

 

 

ガンジス川での夫の遺骨の散骨など。

インド⑴全ては導かれるままに

 

 

 

初のインド旅のダイジェスト。

【前編】コズミックジャーニー@インド

 

 

 

<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。