メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

高麗神社ツアーを終えて

2021.08.02

 

 

7月24日水瓶座満月の日に、今年2回目となる玄花ツアーを開催しました。超絶楽しい大人の1day夏休を満喫!

 

 

 

 

「そうだ、ツアーをやろう!」と閃いたのは7月初旬の玄花Worksを終えた頃のこと。場所はまだ浮かばなかったけれど関東近郊のツアーをやることだけは決めたのです。今年2回目のツアーです(1回目は春分の寒川神社)

 

 

 

今年に入ってからずっと、7月後半からは「居場所が変わる」「(私が用意する)場が変わる」「リレーションシップが変わる」という暗示がありました。そういう漠然としたガイダンスを自分の行動によって現実のものとするのが好きです。

 

 

 

実際に今、このブログを書いているのは韓国のソウル市内。帰りのチケットはまだ取得していませんので、少し長めの滞在を予定しています。

出発までにも色々とありました。世の中の状況により飛行機のダイヤが変わりチケットを取り直したりしたために出発日が変わったりしながらも、行くべき最善の日に出発日が決まります。

 

 

 

韓国への渡航日は25日。16日〜19日までは広島にいる。ならばツアーは20日〜24日のいずれか。さすがに広島から帰ってからの翌日はヤバい(何がだ)では22日から24日までの3日間のどれかだ。

 

 

 

という感じで日程が絞り込まれたら、玄花Works_JUYO受講生向けの公式LINEに丸ごと投げて最終的な日程を決めます。最近そのスタイルがお気に入り。

 

 

 

受講生向け公式LINEについてちょっと説明しますね。

 

 

 

玄花Works_JUYO受講生向けの公式LINEとして、今年の3月11日の私の誕生日からスタートしました。参加は任意で無料です。ここ2年ほど対面講座は開催せず、動画で受講できるようにしていましたのでフォローアップのための場でもありました。

 

 

 

JUYO(境地の高い受容)をもっと知りたい深めたい。そして玄花のイベントに興味があるという人たちの集まりですので先行して告知のご案内をしています。そんな中で、イベントや講座の日時についての提案やリクエストの声も募るんです。その方が話が早い。

 

 

 

今日のブログに書く高麗神社ツアーも、「水瓶座満月に行きたーい」と思って決めたわけではありません。21日〜24日のいずれかでツアーを開催するので参加希望の方は日程リクエストよろしく、と募ったところ「24日なら行けます!!!」という声を複数いただき24日に決まりました。

 

 

 

韓国行きの出発日がなるべくしてその日になったように、物事は流れる方へ向かっていく。そうやって詳細が決まってから一般告知スタートです。

 

 

 

このような先行特典や講座の復習となる素敵情報をゲットできる玄花Works受講生向けの公式LINEの場もまた変わります。現在の公式LINEは8月11日で終了です。

 

 

 

ということで久しぶりのブログなので説明調ではありますが、私のブログはいつものごとくブログ上のお喋りなので本題も余談も全部込みで書かれていすので必要ないところは読み飛ばしていただいて、本題へ参ります。

 

 

 

 

 

 

 

今回のツアーの行程は、高麗神社、聖天院、日和田山、そしてランチタイムの半日コース。もうそのどれもが当たり、当たり、当たりです(笑)最高にして至福のひととき。

 

 

 

(画像は参加者から提供いただきました)

 

 

 

 

 

 

日和田山山頂手前の景色。

 

 

 

 

たかだか300m程度の小さい山。都心から1時間半。なのにこの絶景。

 

 

 

古代の人々は自然の中に身を置き、自分の身で感じたことの中から様々な叡智を発掘して来ました。私たちは現在、世界の中の人間界に身を置いていますが、時々はこうやって自然界との繋がりを取り戻すことが必要です。

 

 

 

息を吸って吐くように、自然に体が山へ向かう。

 

 

 

本来であれば私たちは自然界の中に身を置くことで必要なことを体得できるはずなのですが、実際は頭の中が忙し過ぎて自然界との繋がりが分断された状態です。

 

 

 

私がお届けする玄花Worksやツアーの一つの側面として、自然から得たものを体得するための心と体づくりが含まれています。どんな心身の状態であればそうあれるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

山頂に鎮座する金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)

 

 

 

 

山道を歩きながら話は尽きない。そこで交わされる会話の尊さと深さ。

 

 

 

参加者が呟く。「ツアーに参加する前の自分の状態や意識が、ほんの1時間でこんなに変わるなんて」と。

 

 

 

 

 

 

講座は会場を借りて行うとか、ホワイトボードの前で行うとか、そんな常識は打ち破って来た(そういうスタイルも大好きよ)

 

 

 

国内と国外70ヶ所以上で開催してきた玄花のツアーは、その一つ一つが自然の中でのワークショップであり講座です。自然界との繋がりを取り戻しながら。自然界とコミュニケーションしながら。

 

 

 

私は山ガールではありませんがここ数年、富士山を含めて数々の山に登って来ました。だって「行くべし」って思うんだもの。1,200メートル以上の山に登ったことないのに「富士山に行こう」と思った4日後には富士山山頂にいました。

 

 

 

山は階段と同じく、登るよりも降りる時に足に負担がかかります。下山の時にどのように体を使うか。どのように足を運ぶか。特に私の年齢では相当な負担が予想されますがしかし。

 

 

 

全部、山が教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

聖天院本殿にて。

 

 

 

 

 

 

聖天院の庭。綺麗に手入れされた樹木たち。

 

 

 

「ありのままでいい」というのは手を加えないということではない。現状がありのままでないから、悩みが生まれ問題があるように感じられてしまう。

 

 

 

だから自分にもしっかりと手を入れる必要がある。自然が教えてくれることを体得することは難しいこの世界では、自分のバランスを自分で取る必要があるのです。だから必要があればセミナーにも参加する。

 

 

 

 

 

 

天と地と。それぞれの立ち位置と役割りがある。なんでも平等に、公平に、だけが正解ではない。

高麗神社にて。

 

 

 

 

 

 

 

高麗神社を参拝した後に総理大臣になった政治家が6名。皇室との縁もある。

 

 

 

 

 

 

 

玄花ツアーとしては2度目の高麗神社。

 

 

 

 

今回のツアーで高麗神社を選んだことには意味がある。それはこのツアーの時に参加者と共有している。

 

 

 

昨年から世の中がこのような状況の中で無事に開催できたことを嬉しく思います。ご参加くださったみなさまありがとうごじあます。

 

 

 

ツアーの最後に訪れたカフェが最高だったの!もうなんていうか多国籍で多様で、川がある木陰のテラスでアジアン時々ヨーロッパや中東を感じながら洗練されたスムージーとビビンパ風の一皿。

 

 

 

韓国の家あるあるで、子どもの頃からお肉の三倍の量の野菜を食べなさいと言われて育ちます。韓国の人が太り過ぎないのは辛いものや発酵食品を食べているからだけでなく野菜の摂取量が半端ないってこともあると思うのです。

 

 

 

 

めっちゃ野菜!

 

 

 

 

ランチを食べながら「あー、最高の1日!」と何度言い合ったことか。これは感覚的なことなので言語化しづらいのだけれど、とにかく素敵な夏休みを満喫したって感じなのです。

 

 

 

さて、次のツアーの予定は未定ですが、8月7日、8日、9日にオンラインにて玄花Works_NEOをお届けします(これまた急な開催でごめんなさーい)

 

 

 

 

 

私は山からたくさんのことを教わりました。地球と呼吸を合わせ、宇宙の循環に乗り、起こる全てを力に変えながら今日も生きるために生きる。

 

 

 

自然界との繋がりを呼び覚まし、フローに入る方は玄花Worksでお会いしましょう。あなたがJUYOのステートである時、気づくことに気づく、起こることが起こるのです。

 

 

 

 

告知はこちらです。

自然界との繋がりを呼び覚ます玄花Works_NEO

 

 

 

玄花の場でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

玄花ツアー@高麗神社の告知詳細

7月24日水瓶座満月/玄花ツアー@高麗神社

 

 

<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。