メルマガ登録はこちら


 

BLOG

Archive(過去記事はこちら)

サイト内検索

感謝日記

2021.08.31

 

 

韓国ソウルはすでに秋の気配。ここ最近は雨の日も多く、秋の梅雨という感じでしっとりした日々を過ごしています。

 

 

 

 

 

少し前にソウル某所で感染者が発生し、その場所に出入りしていた人たちに連絡が来ます。感染者が発生したのですぐにメディカルセンターでPCR検査を受けてください、と。

PCR検査は綿棒を鼻に入れて検体を採取する方式です。

 

 

 

韓国ではデパートやレストランやクラブやその他人が集まる場所に入場する際に、誰が入場したか把握するシステムが導入されいてます(コンビニや小さなスーパーやカフェなど設置なしもあり)

 

 

 

機械によりQRコードを読み取る。またはそこに記載の電話番号に電話をかける(ワン切り)またはノートに住まいの区と携帯電話番号を記入するなどの方法で、その場所へ出入りした人を把握します。

 

 

 

デジタル大国と言われるだけあり、お年寄りも含めてほとんどの方がスマホを携帯しているようです。だから多くのやり取りがスマホで行われている。

 

 

 

今回はソウル某所で感染者が発生し、その日その店に入場したうちの娘と娘の友人のiPhoneに連絡が来ました。SMSと電話で。

 

 

 

娘のアパートから歩いて7〜8分のメディカルセンターで検査を受ける。検査場はテントで屋外に設置されていてあっという間に終わります。

翌日の昼には検査結果がスマホに送られて来ます。→娘は陰性。

 

 

 

陰性ですがその場所へ出入りしたということで1週間の自宅待機スタートです。2週間ではなく1週間なのは濃厚接触者ではないからかなと、これは推測です。

 

 

 

自宅待機が決まったと共に100,000万ウォン(約10,000円)が国から送られて来ました。韓国は出前文化ですから食費です。

 

 

 

さらに翌日には必需品が入った段ボールが送られて来ました。

ちなみに私が韓国に入国した7月下旬にもこの段ボールが送られて来たのですが、今回は一ヶ所違っていたんです。

 

 

 

 

 

 

私が入国した際に受け取ったもの。

 

消毒薬。体温計。マスク2種。専用ゴミ袋。

 

 

 

 

 

今回娘に送られ来たもの。

 

 

 

 

緑で丸したところ。

そう、今回はこの小冊子が入っていました。新しく追加されたようです。

 

 

 

この小冊子のタイトルは、<心のケアノート>

 

 

 

表紙には、<感染症、心の、ガイドブック><安静化のためのテクニック>そして<感謝日記>と書いてあります。

 

 

 

小冊子を目にした瞬間にジーーーンと込み上げてくるものがありました。そうそう今に必要なのは心と体のケアで落ち着きを取り戻すこと。

 

 

 

 

 

<安静化(安定化)のテクニック>のぺーじでは、深呼吸やふくらはぎを動かすこと(ストレスが過剰なときはふくらはぎが固くなるからね)、そして自分で自分を撫でさすることを推奨しています。絵を見るだけで何が書かれているかわかるでしょう。

 

 

 

 

 

 

そしてさらにページを読み進めて「あっ」と声が出ました。<感謝日記>のページです。

 

 

 

 

 

 

このページに書かれていることは(娘の直訳の翻訳を私が少し意訳しています)

 

 

 

 

(左ページ)

感染中と拡散と関連したソーシャルディスタンスと自宅隔離、日常生活の変化、感染に対しての不安などを通してストレスが増加する傾向にあります。

 

 

不安、憂鬱、ストレスなど、不便な感情を感じるようになると、私たちの考えを肯定的なことに気づくよりは否定的な気づきに意識が集中してしまいます。

 

 

肯定的な部分をあるがままに見れなかったり、評価を下げてしまったり、無視しやすくなります(※韓国語の”無視する”には、蔑むなどの意味がある)

 

 

そんな時には意識的に肯定的な考えに集中して、感謝することが日常の楽しみと幸せを増やしてくれる助けになります。

 

 

とても小さなことにも毎日感謝の日記を作成し、自分の力になるひとことを書いて自らを励ましてみてください。

 

 

感謝日記を書く時は、なるべく具体的に書くことがいいです。自分の力になるひとことや格言や有効な考えを書いてみてください。

 

 

 

 

(例文)
今日も心安らかに息を吸えることに感謝します。

なぜならコロナ19により呼吸で苦しい思いをしている人たちが多いからです。

 

 

手を洗える水があることに感謝します。ありがとうございます。

なぜなら綺麗な水がない国もあるからです。

 

 

 

 

不確かな情報に溢れ、何を信じていいのかわからず、知らず知らずに溜まっていくストレス。そんな日々の中にもちょっとした喜びや発見があるはずです。

 

 

 

おそらくこのブログを読んでいる方々は感謝日記を知っていることでしょう。私はこの小冊子を手にして思わず「あっ」と呟くと共に道端ジェシカさんの顔が浮かびました。笑

 

 

 

今から10年ほど前、スピリチュアルや引き寄せの法則に触れた方々の多くが<感謝ノート>を実践していました。しかしそれを今も継続している方はどれだけいるだろうか。

 

 

 

色々なことに対して「その時だけ」の取り組みになってしまうパターンからそろそろ抜け出す時期です。

 

 

 

1日ひとつ英文を覚えていたら今頃英語を話せている、とか。毎日腹八分目にしていたら今頃○キロ痩せている、とか。ありがちありがち。私もあります。

 

 

 

どんなことであれ、一つのことを続けながらそれを自分のものすると他の物事もうまく回り始めます。例えば気功の行法などは、一つの行法を極めることで全ての行法がレベルアップするのです。

 

 

 

私の場合はJUYOであることで、あらゆる教えを自分のものとすることが早くなっていると実感しています。

 

 

 

ホ・オポノポノにしろなんとかヒーリングにしろ、その時だけのブームで終わらせてしまったものの中にお宝が眠っているかもしれません。今ここで<感謝ノート>を思い出した人はそれに取り組むのもいいでしょう。頭の中で処理せずにノートに書き出すことが大切です。

 

 

 

但し、アップデートが必要です。

 

 

 

当時は何かを引き寄せる願望や欲望ために感謝ノートを書く、という動機だったかもしれません。しかし今回はその動機をアップデートしてみてください。

 

 

 

どのような動機で感謝ノートを書くのかはあなた次第です。動機により結果が変わります。まずはそこから。そしてやがて動機は行為の中に溶け込んでいく。

 

 

 

 

 

 

ここ最近は自己責任など、個人主義に偏っている風潮の中で<感謝日記>を含め<心と体のケア>を国家という全体で取り組んでいることに希望を感じました。良いものはどんどん取り入れていきたいですね。

 

 

 

まずは心の落ち着きを取り戻しクールダウン(冷静に)すると溢れる情報に溺れることなく「自分はどうするのか(どう生きるのか)」を見出しやすくやるでしょう。

 

 

 

玄花がお伝えしていることに響く方は、ぜひそれを自分のものにしてください。

 

 

 

またねん。

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたいこちらのブログ

困ったときだけの〇〇頼み

 

 

 

 

 

<お知らせ>

  • ▪️このオフィシャルサイトのトップページからメルマガ登録していただくとブログの更新通知が届きます。
  • ▪️玄花の活動に対する支援金や寄付金を随時受け付けています。
  • ご支援いただいたものは玄花のミッションである、人生に何が起ころうとも生きる楽しさに目覚めてゆくための講座提供の継続や無料ブログ発信の内容充実や寄付に生かされています。それにより玄花の発信に触れるスピリチュアルを学ぶ方々への社会貢献にもなっております。
  • いつもご支援ありがとうございます。
  • ▪️支援方法:下記のボタンをクリックしお好きな金額を入力し決済ください。
  • ⑴ PayPalの場合は支援金額から決済手数料が差し引かれることを踏まえ決済をお願いします。 ⑵ PayPayの場合はクリックすると「玄花 HYUNHWA INK.」と表示されます(PayPay ID:hyunhwa) ⑶銀行振り込みも受け付けています。
  • このページを訪れるすべての人に愛と祝福が降り注ぎ続けますように。
  • HYUNHWA INK.

三菱UFJ銀行 横浜支店

普通:4384176

カブシキガイシャヒョンファ


※最新の玄花(ヒョンファ)情報とソウルメッセージを受け取りたい方は、下記のLINEボタンをクリックして玄花OFFICIALをお友だち追加してください。FBやInstagramのフォローも下記のボタンよりお待ちしております。